【アノマリー】株やFXに『サザエさん 』や『ジブリ』が登場!

 

アノマリーとは?

誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かにそうなる?アノマリーのお時間がやって参りました。

アノマリーとは、理論的には説明ができないけれど、ある程度の規則性をもって生じるマーケットの特徴的な動きのことをいいます。
時間や季節などによって生じる場合や、天体の運行から「サザエさん」、「スタジオジブリ」までさまざまなケースが挙げられています。

 

簡単に言えば、「マーケットあるある」が一般的に定着して「〇〇の法則」にランクアップした感じでしょうか。

ただ、確率的なデータをみると決して「ネタ」では済まされないのもまた事実です。

なんだか「フィボナッチ」みたいですけど。

 

今回は、FXにかぎらず相場全体についてのアノマリーをご紹介します。

 

「ゴトー日」のアノマリー

ゴトー日とは?

ゴトー日とは、5の倍数にあたる日のことです。
具体的には「5日、10日、15日、20日、25日、30日(月の最終日)」にあたります。
ゴトー日が日曜祝日の場合は、その前日にゴトー日の傾向が生じやすくなります。

ゴトー日のアノマリーは次のようなものです。

ゴトー日のアノマリー
日本時間の午前9時から仲値(銀行窓口での両替レート)が決まる午前9時55分にかけて「円売りドル買い」の動きが活発になり、円安ドル高になりやすい。

 

このゴトー日アノマリーは、東京市場の特徴としても挙げられます。

 

ゴトー日アノマリーのからくり

日本企業のドル買い

アノマリーとしてご紹介してこんなお話をするのもなんですが、ゴトー日アノマリーは一応それなりの説明がつくんです。

どういうものかというと、ゴトー日には企業によってさまざまな「支払い」が行われます。

支払い先は、従業員であったり取引先であったりいろいろありますが、為替に影響を与えるのが「海外企業に対するドル建ての支払い」です。

海外企業にドルで支払いをするために、日本の企業はゴトー日の「仲値」で大量の円をドルに両替します。

仲値で「円売りドル買い」が活発化するのはそのためです。

 

銀行のドル買い

さて、ドルを買うのはドル建てで支払いをする日本企業だけではありません。

銀行は企業のドル買いを見込んで先に動きます(ドルが不足しないように/仲値不足の解消)。

銀行は企業にドルを売りますが、ドルを安い時に仕入れて(買って)おいてドル高になったとき(仲値の決まる時間)に企業に売ればその分利益になります。

 

ですので、銀行はゴトー日の仲値の前に大量のドルを買います(仕込み)。

ドルがたくさん買われるとドルの価格が上昇します。

銀行の手持ちのドルの価格が上がるわけです。

値上がりしたドルを仲値の出た時点で企業に売れば、ひと儲けできます。

仲値にかけてドル高が進むのはそのためです。

 

以上のような理由で、ゴトー日の仲値にかけて円安ドル高になりやすいというアノマリーが生まれたわけです。

 

ゴトー日職人?
ちなみに、このゴトー日アノマリーを専門でトレードする人もいるようです。

 

経済危機のアノマリー

これは「7年おきに大きな経済危機が発生する」というアノマリーです。

つぎのような経済危機や事件が7年おきに発生しています。

1973年 第一次オイルショック
1980年 第二次オイルショック
1987年 ブラックマンデー(世界的な株価の大暴落)
1994年 金利の急上昇
2001年 米同時テロ(9.11)
2008年 リーマンショック
2015年 チャイナショック

 

たしかに、そうですね・・・

特に2001年から2015年にかけては、記憶に新しい方もたくさんいらっしゃるかと思います。

 

アノマリー・カレンダー

 

1月

1月全体の値動きは第1週の値動きと同じ方向になりやすい。

たとえば、米ドル/円で第1週の値動きが「円安」傾向だったとします。

すると、1月が終わった段階で、当月全体の傾向を見た場合も「円安」傾向になっているというものです。

 

2月

3日の節分の日に相場が高値をつけやすい(『節分天井』)。

14日のバレンタインデーには、日経平均株価が上昇するともいわれている。

 

3月

米ドル/円の値幅が大きくなりやすい。

中旬に相場が安値をつけやすい(『彼岸底』)

→2月の『節分天井』とあわせて「節分天井・彼岸底」という相場格言があります。

この格言は、2月上旬から企業の決算が集中する3月下旬までは相場が下落しやすいことをあらわしています。

 

4月

日本株が上昇しやすい。

日本は4月に新年度を迎え、新規での買いが増えるためと言われています。

 

5月

相場が下落する傾向にある。

5月について、”Sell in May” (セル・イン・メイ”=5月に売れ)という相場格言があります。

「5月は高値をつけやすいので、ここでとりあえず持ち株を売ってしまえ」という意味です。

いまご紹介した相場格言「セル・イン・メイ」は、こう続きます。

「5月に株を売ったら、セント・レジャーズの日(9月の第2土曜日)まで戻ってくるな」

要するに、「5月から9月までは相場が下落しやすいから手を出すな」という意味になります。

ちなみに、セント・レジャーズとはイギリスでおこなわれる競馬レースのことです。

 

6月

金利の反転が起きやすい(米国)

 

7月

ドル高になりやすい。

株価が上昇しやすい(米国)。

→7月の独立記念日から9月のレイバーデイまでは優良株を買う動きが活発化する(「サマーラリー」といわれています)

一方、日本株のほうは「夏枯れ相場」といって軟調(下落気味)になりやすい。

 

8月

円高になりやすい(比較的顕著な傾向にあります)。

 

9月

円高になりやすい。

株価が下がりやすい。

→機関投資家が利益確定のために株を売る傾向が強くなるため。

 

10月

株価が下がりやすい(米国のアノマリー)。

アメリカでは10月に株価が大きく下落したことが何度かあるためといわれています。

ブラックマンデー(1987年10月19日)やリーマンショックでの大暴落も10月に起きています。

ブラックマンデーとはニューヨーク証券取引所を発端としておこった世界的な株価の大暴落です。

 

11月

株高になりやすい。

 

12月

円安になりやすい。

株安になりやすい。

→利益確定の売りが増えるため。

 

天体ベースのアノマリー

満月の日には、相場が荒れやすい。

満月から新月にかけて、株価が上昇しやすい。

新月から満月にかけて、株価が下落しやすい。

→満月で買って新月で売るという「ルナ・トレード」というものもあります。

水星が逆行すると相場が荒れやすい(年に3回ほど発生)。

 

「スタジオジブリ」で相場があれる!?【ジブリの法則】

別名「ジブリの呪い」

スタジオジブリのアニメがテレビ(「金曜ロードSHOW!」)で放映されると、相場が荒れるというものです。

2008年ごろから話題になり始めました。

2013年には、『ウォール・ストリート・ジャーナル』でも紹介されています。

 

米雇用統計と重なると円高・株安になる傾向がいっそう強くなるようです。

 

『サザエさん』も株価に反映!?

こちらは、日曜日に放映される『サザエさん』の視聴率が上がると株価が下がり、逆に視聴率が下がると株価が上がるというものです。

いわゆる「サザエさん効果」で、大和総研の調査報告によるものです。

 

つぎのような説明がなされています。

サザエさんアノマリーの説明
日曜日のサザエさんの時間帯に視聴率が上がるということは、外食は控えて家で夕食をとる家庭が多いということ。

外食を控えるということは、景気がよろしくない。

したがって、株価は下落傾向にある。
逆の場合は、
サザエさんの視聴率が低いということは、外食をする家庭が増えているということ。

外食をする家庭が増えているということは、景気がよい。

したがって、株価は上昇傾向にある。

 

最後にひとこと

アノマリーでトレードするなんて邪道、と思ってしまうかもしれません。

ところがどっこい、ファンドマネージャーでも意識している人が少なからずいるようですし、占星術師を雇っているヘッジファンドさえあるようです。

また、アノマリー投資法なんていうトレード手法もあるくらいです。

いろんなアノマリーについて、信じる信じないは別として、知っておいて損はないかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【トレードの優位性を高めるヒントに!】

あわせて読みたい
✌️勝ち組になるための行動 >>【検証】
🎁 【キャッシュバック】でお得にトレード!