【世界の為替市場】取引時間帯にも特徴がある!

 

はじめに(世界の為替市場)

土日も取引されている為替市場もある

 

 

私たちが通常取引できるのは平日のみですが、世界ではいつもどこかの市場で為替の取引が行われています。

「えっ、土日はFXできないから世界中どこも休みじゃないの?」と思われるかもしれませんが、そうでもないのです。

金曜日が休日(イスラム教の安息日)となる中東のバーレーン市場では、土日でも取引が行われています。

 

このバーレーン市場での「中東レート」は、「未来レート」などと呼ばれたりしています。

月曜日から再び動きはじめる他の市場の相場展開を占うという意味合いです。

 

為替の世界三大市場とは

さて、外国為替市場には世界三大市場といわれる市場があります。

東京市場、ロンドン市場、そしてニューヨーク市場です。

あと、規模は小さいけれど、一日のうちで最も早くオープンするのがオセアニア市場です。

これらが世界の主な為替市場になります。

 

ちなみに、勘違いしてしまいがちですが「市場」といっても実在する場所のことではなく、各国(都市)や地域の金融機関が営業している時間帯のことを意味します。

より感覚的に近い言い方をすると「東京タイム」とか「ロンドンタイム」、「ニューヨークタイム」といった表現になります。

なので、ロンドン市場ってロンドンのどの辺にあるのかな?とグーグルマップなどで探してもみつからないと思います(アホなわたしは、はじめの頃、実際に探してみましたがみつかりませんでした・・・)。

 

さて、前置きはこれぐらいにして、それぞれの市場の特徴について見ていきましょう。

なお、海外マーケットについてこの記事で記載している時間は夏時間で表記しています。
冬時間では1時間遅くなります

 

オセアニア市場の特徴

オセアニア市場の取引時間帯

一日のうちで一番最初にオープンするのがこのオセアニア市場だということは、先ほどお話しましたが、より正確にいうと、ニュージーランドのウェリントン市場が一番最初になります。

日本時間で朝4時にオープンして、12時にクローズします

ちなみに・・・
オセアニアは南半球に位置しますので、現地のサマータイム期間は日本の冬ということになります。

 

次いで、オーストラリアのシドニー市場がオープンします。

シドニー市場は日本時間で7時から16時までです。

ですので、オセアニア市場といった場合は、4時から16時までということになります。

 

橋渡し役の資源国通貨市場

オセアニア市場を構成するニュージーランドとオーストラリアですが、どちらの国の通貨も資源国通貨です。

資源国通貨とは、鉱物資源やエネルギー資源、食料資源を産出し輸出する国の通貨のことです。

資源国通貨の特徴として、輸出品の商品市況(たとえば原油価格の動向)や 輸出相手国の景気などに影響を受けやすい点があげられます。

 

オセアニア市場は、その序盤でニューヨーク市場の終盤と重なり、東京市場よりも早くオープンします。

そのため、オセアニア市場はニューヨーク市場と東京市場の橋渡し的な市場だと表現されたりもします。

 

週末リスク(窓空け)には要注意!

オセアニア市場の特徴としては、規模が小さく取引量も少ないため値動きも小さいという点があげられます。

取引量が少ないためこの時間帯は流動性が低くなり、東京市場がオープンする前の早朝はスプレッドも広くなりやすいという点には注意が必要です。

また、ニュージーランドやオーストラリアで重要な経済指標の発表などがあると比較的大きく値が動きます。

このときもスプレッドは広くなるので要注意です。

 

さらに、世界の主要な市場が閉まっている土日になんらかの重大な出来事・事件が起こったり重大発表があったりすると、週明け月曜日は窓空けが起きやすいです。

窓開けとは、終値と始値の間にギャップ(チャート上では空白)ができることをいいます。

そのような場合、値が大きく飛んでストップオーダー(損切り注文)が発動して損切りとなる可能性もありますので要注意です。

この「週末リスク」を回避するため、週末に入る前にポジションを決済してしまうトレーダーも少なくありません。

 

「宵越しの金は持たぬ」とは意味合いが異なりますが、「週越しのポジションは持たぬ」というのもひとつのリスク管理といえるかもしれません。

東京市場(アジア市場)の特徴

東京市場の取引時間帯

東京市場とは、9時から18時までの時間帯を指します。

取引量は三大市場の中では最も少なく、東京市場はロンドン市場やニューヨーク市場よりもレンジ相場になりやすい傾向にあります。

レンジ相場とは、値が一定の値幅で上下に行ったり来たりする相場のことです。要するに、トレンドのない相場ということになります。

取引される通貨の特徴としては、ドル円やクロス円(「日本円と他の通貨」といった通貨ペア)の取引量が増えてきます

 

ゴトー日の値動き(アノマリー)

東京市場の特性としてあげられるのが、いわゆるゴトー日の値動きです。

ゴトー日とは5の倍数にあたる日のことで、具体的には「5日、10日、15日、20日、25日、30日(月の最終日)」にあたります。

ゴトー日は、午前9時から仲値(銀行での両替レート)の決まる午前9時55分にかけて円を売ってドルを買う動きが次第に活発になるため、円安ドル高になりやすい傾向にあります。

 

また、ゴトー日の特徴的な値動きは「アノマリー」のひとつとして数えられてもいます。

アノマリーとは、理論的には説明ができないけれど、ある程度の規則性をもって生じるマーケットの特徴的な動きのことをいいます。

ロンドン市場(欧州市場)の特徴

ロンドン市場の取引時間帯(ロンパチに要注意!)

15時になると徐々に欧州勢が参加してきます。

そして、16時からは本格的にロンドン市場での取引がはじまり、翌午前2時に閉まるという流れになります。

ロンドン市場がオープスンする現地時間の朝8時のことは、「ロンパチ」と言われたりもします。

ロンパチには、その直後に大きく値が動きやすいという特徴があります。

アジア時間で大きな取引注文があると、より流動性の高いロンドン市場のオープンを待って市場に注文が出されるためです。

このロンパチ、日本時間の16時(冬時間だと17時)は要注意です。

 

ちなみに、ロンドン市場は世界三大市場のなかで取引量がもっも多い市場となっています。

ロンドン市場の時間帯になると、実需中心で穏やかな日本市場とは一転して為替市場はその表情を変え、投機筋もガンガン参入してきます。

当然、オセアニア市場や東京市場とくらべて値動きも非常に活発になります

値動きが活発になれば、東京市場でレンジだった相場からトレンドが発生して大きな値幅も取りやすくなるので利益もあげやすくなります(うまくいけば、ですが・・・)。

 

重要な経済指標や要人発言の発表もある

東京市場では日本円がらみの通貨ペアが主に取引されますが、この時間帯になると他の通貨ペア、特にユーロやポンドがらみの通貨ペアの取引が活発になります。

21時30分(冬時間だと22時30分)からの1時間はアメリカの経済指標が発表される時間帯となっています。

この時間帯には、世界の要人発言や経済指標の発表といったものの中でも特に重要度の高い「ビッグイベント」があったりします。

 

これらのイベントでは通常、値動きが激しくなりスプレッドもかなり広がります

そのため、この時間帯を避けて取引するトレーダーも少なくありません(逆に、文字通り「イベント」のノリで大きな値幅で大きく稼ごうするトレーダーもいるようですが・・・)。

 

ロンドン時間の注意点として、日本時間の16時から19時までは、実需や投機筋などさまざまな種類の取引注文が入り乱れて大きく動きやすい(トレンドが変わりやすい)時間帯という認識は持っておいた方がいいかもしれません。

 

ロンドンフィキシングでも値動きが活発化する

また、ロンドン市場の特性として注意したいのが、いわゆるロンドンフィキシングです。

ロンドンフィキシングとは、ロンドン時間の16時(日本時間の24時)に行われる金(ゴールド)の価格決定のことです。日本の仲値のようなもので、このロンドンフィキシングに向かって値動きが活発化します。金は通常ドル建てで取引されています。そのため、この価格決定がドル資金の需要と供給に影響を与え、ロンドンフィキシングの時間に取引が活発になって相場が大きく動くこともあります。

 

ニューヨーク市場の特徴

ニューヨーク市場の取引時間帯

さて、世界三大市場最後の登場はニューヨーク市場です。

この市場は日本時間で21時にオープンし、翌朝の7時にクローズします。

ニューヨーク市場は、ロンドン市場に次いで二番目に多い取引量になっています。

 

ロンドン市場と重なる時間帯が稼ぎどき?

日本では、仕事から帰って夕食をとってひとっ風呂浴びて「よっしゃ〜、トレード、トレード!」という人たちも夜のミセス・ワタナベとして(?)市場に参入します。

 

特に欧州時間と重なる時間帯は一日のうちで最も取引が活発になる時間帯です。

市場は文字通り「バトルフィールド」と化します。

ちなみに・・・
アメリカの重大な経済指標(特に「雇用統計」)やFOMC(連邦公開市場委員会)の声明、アメリカの中央銀行にあたるFRBの議長や大統領などの要人発言は特に相場にあたえる影響力が強く、レートが大きく動きやすくなります。
このような「ビッグイベント」を控えている場合、様子見ムードが生じて取引量が減少する傾向にあります。

 

ただ、激しいニューヨーク市場も取引時間帯の後半に入ると取引は落ち着きを見せ、取引量も徐々に減っていきます

取引がまったりしてきたところでオセアニア市場にバトンタッチ、という流れになります。

 

最後にひとこと

このように、今この瞬間も世界のどこかで為替の取引が行われています。

各国(都市)や地域ごと(取引時間帯ごと)に、市場参加者の顔ぶれも変わり、為替取引をする目的(実需だったり投機だったり、お小遣い稼ぎだったり)もさまざまです。

経済指標や要人発言などの影響力も国や地域によって違ってきます。

それに伴って動きが緩慢になったり激しくなったりする為替相場って、ある意味、人間の感情ようですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【この記事の参考書籍】


⭐️ デイリーマーケット分析【XM公式サイト】⭐️
あわせて読みたい
✌️勝ち組になるための行動 >>【検証】
🎁 【キャッシュバック】でお得にトレード!