【テクニカル分析/ファンダメンタル分析】トレードに根拠を!

 

FXで取引をするにあたって、何を基準にしたらよいのでしょうか?

政治経済のニュースでしょうか?

客観的な統計データでしょうか?

それとも・・・「勘」ですか?

 

今回は、何をみてエントリーするのか?何をみて決済するのか?を決める方法、つまりトレードの根拠を得るための方法について簡単にお話ししたいと思います。

 

為替相場を分析する2つの方法

 

「勘」を頼りにする人は別として、一般的には相場を「分析」という作業によって、トレードの根拠をはっきりさせていきます。

分析方法は、主につぎの二つです。

(1)テクニカル分析
(2)ファンダメンタル分析

それぞれについて、ざっくりと見ていきましょう。

 

テクニカル分析

 

テクニカル分析とは、過去の値動きなどから、未来の値動きを予測する分析手法です。

過去の値動きを分析するツールとして、主にチャートがつかわれます。

チャートとは、過去の値動きを価格の軸と時間の軸をつかってグラフにしたものです。

チャートを見て、トレードをするかしないかを見極めます。

トレードする場合には、エントリーのタイミングをはかります。

エントリーしたあとは、決済のタイミングをはかったりします。

 

テクニカル分析には、主につぎの二つがあります。

(A)チャートパターン
(B)テクニカル指標

では、順に見ていきましょう。

 

チャートパターン

 

チャートパターンとは、読んで字のごとく、チャート画面で上がったり下がったりしているグラフ(ローソク足やライン)などのパターンです。

 

具体的にどんなものか見てみましょう。

下の画像はローソク足をつかったチャートです。

緑色や赤色の棒状のもの(上下に線がついていたりする)がローソク足です。

 

チャートは、トレードする上での判断のよりどころとして、ほどんどのトレーダーが参考にしているものです。

チャートは通貨の値段の動き(値動き)を表します。

通貨の値段は、人間が為替市場でトレードすることによって変動します。

つまり、チャートはトレードしている人間の行動によって形成されていくのです。

自動売買など人間が直接取引していない場合でも、戦略を立てプログラムを組んで自動売買を設定し、それを動かしているのはまぎれもない人間なので、このような場合も人間の行動といえるでしょう。

 

世界中で多くのトレーダーがチャートパターンを意識してトレードしています。

チャートパターンを意識することは、自分のトレードにおいて意思決定の基準となるだけでなく、他のトレーダーが今の相場をどう認識していのるかを意識することでもあります。

もっとも、いくらチャートパターンについて勉強したり検証したりしたところで、結局のところ、未来のチャートの動きを100%当てることなんて不可能です。

なので、チャートをみながら優位性のある(過去の検証結果から確率的に有利と思える)トレードを繰り返して利益を積み上げていくことになります。

 

FXは、勝ったり負けたりしながら徐々に資金を増やして行くのが王道です

なにがなんでも絶対に勝つ!!なんて意気込みで鼻息を荒くしてトレードしているとストレスがたまって続きません。

絶対負けずに中長期にわって利益をあげ続けるのは、経費ゼロで会社経営しようとするようなものです。

よく言われていることですが、負け(損失)はトレードを続けていく上での必要経費として割り切るほうがメンタル的にもいいでしょう。

「いやいや、自分は負けず嫌いなんで」とかいって<完璧な>トレードを目指してしまいそうな方は注意が必要です。

まちがっても「聖杯探しの旅」に出たりはしないでください。

帰らぬ人、ならぬ「帰らぬトレーダー」となるかもしれないですから。

 

テクニカル指標

 

テクニカル指標とは、買ったり売ったりするタイミングを教えてくれる指標のことです。

「いまが買い時です」とか「いまが売り時です」という感じで、売買のシグナル(合図)を出してくれるわけです。

トレードをするときはまず、チャートパターンで相場環境を確認し、相場にトレンド(方向性)が発生しているのか、発生しているとして上昇トレンドなのか下降ドレンドなのかなどを判断します。

この流れ(パターン)だと買い目線だとか、この状況だと売り目線だとか、動きがないから様子見だとか、大まかな判断をするわけです。

そして、トレードの方向性が決まったら次にエントリーのタイミングをはかることになります。

具体的に、「いつ買うか、いつ売るか」を決めるわけです。

 

ちなみにテクニカル指標は、おおむね次の二つに分類されます。

  • トレンド系 (トレンドの有無、上昇か下降かを判断するための指標)
  • オシレーター系 (買われすぎや売られすぎを判断するための指標)

 

ファンダメンタル分析

 

ファンダメンタル分析とは、世界の政治経済情勢などについて情報を収集・分析し、未来の値動きを予測する分析手法をいいます。

トレードの基準としているチャートの時間枠が大きくなればなるほど重要度が高まります。

したがって、1分足や5分足のチャートを見ながらスキャルピングをする人(スキャルパー)にとっては不要でしょうが、日足や週足、月足を見てポジショントレードをする人にとっては必要不可欠になってきます。

 

世界情勢をチェックしながら、ある通貨が(他のある通貨との関係で)これから強くなるのか、弱くなるのか(その価値を上げるのか下げるのか)を予測・判断していくわけです。

強い通貨とは、多くの市場参加者が買っている通貨(正確には、たくさん買われている通貨)、わかりやすくいうと「人気のある通貨」です。

逆に、弱い通貨とは、多くの市場参加者が売っている(たくさん売られている)通貨、「人気のない通貨」です。

 

たとえば、「円高ドル安」という場合は、<買われている円の量>が<買われているドルの量>よりも多いということです。

ざっくりいうと、ドルよりも円の方が人気があるということになります。

人気があるので、円の価値(値段)も上がります。

基本的には国力が相対的に高く評価されれば、その国の通貨の価値も相対的に上がりますし、評価が下がれば、通貨の価値も下がります。

 

ファンダメンタル分析では対象が多岐にわたり、なおかつ複雑に絡み合うので客観的な判断基準もありません。

ですので、ファンダメンタル分析には広い視野と深い洞察力がもとめられます。

 

長期的な視野でトレードをする場合は、ファンダメンタル分析は欠かせません。

長期的なトレードをされる方は、具体的な値動きの他に世界の動きについても常に目を光らせて理解を深めて行く必要があります。

 

まとめ

 

トレードをする際の判断基準となるものがテクニカル分析やファンダメンタル分析です。

トレードスタイルによって、それぞれの重要度は変わります。

 

ファンダメンタル分析は、ある意味「つかみどころのない」分析手法です。

なので、初心者の方がいきなりファンダメンタル分析からはじめるのはハードルが高いかと思います。

スイングトレードやポジショントレードなどの中長期のトレードをしたいと考えているのなら、ファンダメンタル分析の勉強も同時進行でやりながらも、初めのうちは客観的で視覚的にも理解しやすいテクニカル分析の方をメインにトレード経験を積んだ方がいいかもしれません。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

⭐️ デイリーマーケット分析【XM公式サイト】⭐️
あわせて読みたい
✌️勝ち組になるための行動 >>【検証】
🎁 【キャッシュバック】でお得にトレード!