【ほったらかしでOK】トレードルールを守る超シンプルな方法

 

トレードルールを決めたはいいけど、なかなか守れないんだよねぇ・・・ということありませんか?

 

目の前でチャートがダイナミックい動いているのを見てついついエントリーしてしまったり、なかなかエントリーチャンスがなくて待ちくたびれてついつい余計なポジションを取ってしまったり(どちらも私の経験です ^^;)。

 

ルールを守るって簡単そうで、意外と難しいものですよね。

というわけで、今回はトレードルールを守る「簡単な」方法を参考までにひとつご紹介したいと思います。

 

『ほったらかしトレード』とは?

『ほったらかしトレード』とは、エントリー時に損切り注文と利益確定の注文を同時に入れてあとは結果が出るまでノータッチで放置しておくトレードのことです(このサイト上での定義)。

 

「ほったからし」という言葉の響きからすると、なんだかいい加減なトレードのように聞こえますが、そんなことはありません。

実際、エントリーのタイミングなどは経験を積みながら、より優位性のあるポイントを検証していく作業などが必要になります。

 

勉強でもスポーツでも仕事でも、いきなりできるようにはならないものです。

世界の超一流といわれるスポーツ選手でも、地味なところでめちゃめちゃ努力してるじゃないですか。

 

「ほったらかし」なのは、あくまでもエントリーしたあとのはなし。

FXには、真剣に取り組むべき部分だってちゃんとありますし、逆にそこをないがしろしにていては、いくら資金管理を徹底したところでいつまでたっても資金は増えないでしょう。

 

なぜほったらかすの?

ほったらかす目的はトレードルールを守ること

話を戻します。

では、なぜ『ほったらかす』のか?

 

ひとことで言えば『規律』(ルール)を守りやすくするためです。

 

規律を守ることは資金を守ることに直結します。

自分で決めたトレードルールを守れないようでは、たまに勝てたりもしますが、中長期的には資金がどんどんなくなっていきます。

 

まだリアル口座でFXを経験したことのない方は、「ルールを守るのってそんなにむずかしいの?」と思うかもしれません。

実際にやってみればわかりますが、意外とできないものです。

 

 

チャートを見ていると、ついつい「ここでエントリーしてもいいかも」とか「今回は特別!」とかいって、自分で決めたエントリーポイント以外のところでポジションを取ってしまったり。

 

目の前の利益を失いたくないあまり予定より早く利益を確定してしまったり。

逆に、損切りすると決めたレートに達したにもかかわらず、なかなか損失を受け入れられずに「もう少し待てば回復するかも」といっては損切りを先延ばししたり。

 

勝ちトレードが続いて調子のいいときだと、「おおお!!これは絶対に勝てるパターンだ!」とかいって、ルールを無視して大きなロットで取引をしたりとか。

 

このように実際にお金を投じて(リスクをとって)マーケットに参加していると、さまざまな欲や恐れが生じてあらかじめ決めていたルールを守るのが難しくなりがちです。

 

この点、損切りと利益確定の注文を出して、あとはチャートを見ずに放置しておけば、そんな誘惑にかられることもなくなるわけです。

ほったらかしでルールが守れるんです。

初心者の方にとってはある意味、非常に楽ですね。

 

ルールを守れないのは感情的になるから

では、そもそも、なぜ「ルールを守れない」のでしょうか?

 

ルールを守れないのは「感情」がはたらくからです。

 

チャートをみては、「これはいけそう!」と心が動く。

上下する損益をみては一喜一憂する(感情がはたらく)。

 

含み損を見ては損切りを先延ばししたくなる(損したくない、という感情)。

ちょっとでも利益が出るとすぐに確定したくなる(利益を逃したくない、という感情)。

 

*このあたりの話は、『プロスペクト理論』を知ると納得できます。

 

これらはすべて「感情」の仕業なんですよね。

FXでは、感情なんてろくなことしません。

『百害あって一利なし』です。

 

感情を排して機械的にトレードしよう

ということで、FXでは感情を排してトレードする必要がある、という結論にいたるわけです。

「コツコツドカン」や「一発退場」は、規律のないトレードの当然の結末です。

 

連勝してもポーカーフェイス。

たまたま勝ってるだけなのかどうか?エントリーポイントに優位性があったためか?相場環境はどうだったのか?などを淡々と検証する。

 

連敗してもポーカーフェイス。

たまたま負け続けているだけなのかどうか?エントリーポイントに優位性がないためか?相場環境はどうだったのか?などを黙々と検証する。

 

要するに、ルールを決めたらあとは機械的にトレードを繰り返して、分析・検証に力をいれながらトレードの優位性を少しでも上げていくことが重要になるわけです。

 

ルールさえ守れば裁量トレードでもよい?

「裁量トレード」とは、ざっくりいうと、チャートを監視しながら臨機応変に手動でトレードするやり方です。

 

経験を積んだベテランのトレーダーなら、裁量トレードでもいい結果を出せるかもしれません。

でも、はっきりいって経験の浅い初心者にとって、裁量トレードはハードルが高すぎます。

 

初心者がチャートに張り付いて裁量でトレードなんかしたら、ポジポジ病の発生率もグンと高まります。

*「ポジポジ病」とは、むやみやたらとエントリーして(ポジションをもって)しまう症状のことです。

 

初心者の場合、チャートや損益の増減を見れば見るほど、心が乱されやすくなります。

やがて悪魔のささやきが聞こえて・・・

 

気がつくとポジションをもっていたりします。

損切りするのが怖くなったり、「いずれ回復する」と安易に考えて損切りを先送りしたりします。

 

おいおい、あなたのトレードルールはどこいった!?という状態ですね。

 

コツコツドカンや一発退場を避けるためにも、自分で決めたルールを機械的に淡々と守る必要があるわけです。

そのためにも、リスクリワードを設定した「ほったらかしトレード」が初心者には簡単ですし、おすすめです。

 

*ちなみに、裁量トレードとは反対に機械的に淡々と取引するのがシステムトレードです。

 

【おまけ】『ほったらかし』はメンタルにもやさしい

繰り返しになりますが、「ほったらかし」なら基本的にチャートや損益の増減を見ないため、心が乱れる心配はありません。

 

もちろん、結果が出ているか確認はしますけど、チャートにべったり張り付くことはしません(特定のレートに達したときに通知が来る機能もあります)。

 

ちらっと見て、決済されていなかったらすぐにチャートを閉じます。

あとは他のことに時間を使いましょう。

 

損失額がわかっているので心の準備ができてます。

たとえ負けトレードでも、基本的には自分で設定したリスク(損失)しか負いません。

だからこそ、安心してほったらかせるわけです。

 

誘惑に駆られてチキン利食い(目標利益に達する前に決済してしまう)してしまったりすることがなくなります。

損切りを先延ばしした結果どんどん含み損が膨れ上がり、身動きがとれなくなったりすることもなくなります。

 

繰り返しになりますが、このように損切りと利益確定の注文をあらかじめ入れた『ほったらかしトレード』は初心者のメンタルにもやさしいんです。

資金あってのFXなので、無駄な損失を出さないためにも「ほったらかし」は初心者の方には特におすすめです。

*そのかわり、リスクリワードの設定やエントリーのタイミングについてはきちんと根拠をもって決めるようにしましょう。

*もちろん、経験を積んでトレード技術もメンタルも初心者レベルを卒業したら、相場環境を確認しながら裁量トレードに移行するのもいいかもしれません(裁量トレードがいいとか、システムトレードがいいとか、このあたりは好みですね)

 

以上、『ほったらかしトレード』は規律あるトレードを身につけるために初心者トレーダーの方が取りうる有効な手法のひとつです、という話でした。

最後まで読んだいただき、ありがとうございました。

⭐️ デイリーマーケット分析【XM公式サイト】⭐️
あわせて読みたい
✌️勝ち組になるための行動 >>【検証】
🎁 【キャッシュバック】でお得にトレード!