【コツコツドカン】3つの原因とその対策を知ってマーケットで生き残ろう!

コツコツドカンとはなにか?

コツコツドカンとは、コツコツを積み上げてきた利益をたった一回の負けトレードでドカーンと大きく失ってしまうことをいいます(そのままですね・・・)。

 

いわゆる「水の泡」です。

これって本当にショックですよ・・・(思い出したくないですが)。

もう、放心状態です。

いままでのトレードはなんだったんだ!?
わたしの時間を返して〜〜〜!
バイトとかやってたほうがよかったな・・・

・・・みたいなことになります。

 

コツコツドカンを生む【3つ】の原因とその対策

ではなぜ、人はコツコツドカンをやらかしてしまうのでしょうか?

原因は、損切りの仕方にあります。

基本的な対策としては、エントリー(買ったり売ったりしてポジションを持つこと)と同時に損切りの注文(逆指値注文、ストップオーダー)も出しておく方がよいかと思います(特にFXを始めたばかりの方)。

ストップオーダー(逆指値注文)とは、このレートになったら買います(売ります)という注文です。
基本的には、値動きが予測に反して逆行した場合の損切りに使われます。
また、含み益が出た場合に一定の利益を確保するために使われる場合もあります。
「ストップ」とは損失をこれ以上増やさないという意味合いです。

 

ストップオーダーを置いたレートに到達すると、自動的にポジションが決済されます。

損切りとして置かれたストップオーダーが発動すると、そこで損が確定します

損失は確定してしまいますが、仮に相場がそのまま自分の予想と反対方向にどんどん進んでも、それ以上の損失をかかえることはありません

 

ストップオーダーを置かないで、画面に張り付いて値動きを見ながら手動で損切りする場合には、状況判断能力や決断力、そして実行力が求められます。

損切りが遅れて、けっこう痛い額をやむなく損切りしなければならない時などは、指が微妙に震えたりもします(おもいきって損切りしたあとは、妙な爽快感というか開放感が得られたりもするのですが・・・)。

 

話がそれてきました。

さて、もう少し詳しくみていきましょう。

コツコツドカンの原因は、大きく分けて次の三つに分類できるかと思います。

    (1)トレードルールを決めていない
    (2)トレードルールを守れない
    (3)トレードルールに問題がある

     

    順に見ていきましょう。

     

    (1) トレードルールを決めていない

     

    これは、資金管理の問題です。

    FXは、行き当たりばったりの感覚的なトレードをしていても、短期的にはともかく、中長期的にはなかなか勝てません。

    トレードルールをしっかり確立して、それに従って淡々とトレードをしていけば、予想外に大きく負けてしまうなどといったことは、相場の急激な変動などがない限り基本的にはありません。

     

    対策

    まずは、1回のトレードで自分が許容できる損失を決めましょう

     

    たとえば、1回のトレードでの損失は資金の何%までとか、1日でのトータルの損失はMAXで資金の何%までとか、1週間では、1ヶ月では、など人それぞれですが、とにかく具体的な数字で決めた方がよいでしょう。

    そして、決めたルールはしっかり守る

    ルールに問題があるな、と思ったらその都度調整して行く。

    トレードそのものだけでなく、自分の資金はいまどれくらいあって、このトレードではどれだけの損失を受け入れることができるかも意識する。

     

    はじめの頃って、どうしても利益のほうにばかり目がいってしまうんですよね。

    でも、資金管理をしっかりしないと、資金なんてあっという間になくなってしまいますので(特に負けが続いてメンタルが崩壊してきたとき!)注意が必要です。

     

    (2) トレードルールを守れない

    さて、次は自制心の問題。

    ルールって守ってこそ意味があるものですよね。

    せっかく自分なりのトレードルールを確立しても、それを守らなければ意味がありません。

     

    「ここで損切りしなければいけない」とわかっていても・・・

    もう少し待てばプラスになるかも。
    もう少し含み損が減るまで待ってみるか。
    この前だって、しばらく待っていたら値をもどして、結局プラスになったし。
    今回もなんとかなるでしょ!

    ・・・なんていう悪魔のささやきが聞こえてくるんですね。

     

    その悪魔って、「自分」なんですよね。

    自分の弱い心なんです。

    負けたくない、損したくない、お金が惜しい・・・といった感情です。

     

    損したくないのは誰でも同じ。

    でも、中長期的に資金を増やし続けているトレーダーは、すっぱり損切りします

    損切りしないとトータルでは勝てないって実感しているからです。

     

    対策

    はじめのうちはなかなか難しいかもしれませんが、自分で決めたルールは、きっちり守りましょう(反省)。

    精神論だけでは難しい場合は、冒頭でお話ししたようにエントリーと同時にストップオーダー(逆指値)を入れておくことをおすすめします。

     

    ちなみに、ビギナーズラックで調子に乗っていたときのわたしは、「損切り?関係ないね!」なんて感じでした。

    まあ、当然の結末を迎えたわけですけど・・・。

     

    (3) トレードルールそのものに問題がある

     

    最後に、規律(ルール)の問題。

    たとえば、30pipsのプラスで利益を確定して300pipsのマイナスで損切りする、というルールがあるとします。

    損切りの値幅が利確の値幅の10倍もありますね。

    たしかに、このルールだと勝ちやすいでしょう。

    たくさん勝てるので気分もいいです。

    でもこの場合、たった1回の負けでそれまでの10回の勝ちが全部吹っ飛んでしまうことになります。

     

    いくら勝ちやすいルールとはいえ、負けるときは負けますし、連敗する可能性だって十分考えられます。

    仮に上のルールで2連敗したとすれば、20勝分の利益がゼロになってしまいます。

    いきなり2連敗すれば、最短でマイナスをゼロにするためには20連勝しなければなりません。

    たった2回のトレードでこんなことになるんです。

     

    「損小利大」ということばがあります。

    読んで字のごとく、損は小さく利益は大きくという意味です。

    これはFXのみならず相場一般においての基本的(一般的)な考え方です。

     

    対策

    トレードルールをつくるときは、(先ほどもお話ししたように)ついつい利益のほうに目がいってしまいがちですが、損失のほうにもしっかり目を向ける必要があります。

    利益と損失のバランス(資金管理)についてしっかり考えて、基本的には『損小利大』となるようなトレードルールを確立しましょう。

     

    最後にひとこと

    (↑)わかっちゃいるけど、やめられニャいんだニャ〜。。。

     

    自分の苦い経験をもとにいろいろと偉そうなことを書いてきましたが、やっぱり損切りの大切さって頭ではわかっていても、実際にある程度の失敗を経験しないとなかなか実感できないのかもしれません・・・(おどしているわけではありませんが)。

     

    中途半端な失敗だと「喉元過ぎれば熱さを忘れる」になってしまうんですよね。

    なので、少額のトレードで「コツコツドカン」を経験したら実際に自分がトレードしたいロット数で損失額を計算してみてください。

     

    先ほどもお話ししましたが、「少額でよかった・・・(冷や汗)」を経験してみるのも長いトレード人生ではいい勉強になるでしょう。

     

    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    ⭐️ デイリーマーケット分析【XM公式サイト】⭐️
    あわせて読みたい