【レバレッジ】って何?/資金管理に欠かせない要素のひとつ

FXの一番の特徴はなんといっても「レバレッジ」です。

レバレッジを効かせることによって、元手の資金よりも大きなお金を運用することができるようになります。

もっとも、資金管理を怠るとレバレッジを効かせた分だけリスク(損失)も大きくなってしまうという点は注意が必要です。

初心者の方はまず、このレバレッジの仕組みを十分理解した上で、レバレッジを適切にコントロールしながらトレードしましょう。

レバレッジとは?

レバレッジの意味

レバレッジとは、手元の資金以上のお金の運用を可能にする作用を意味します。

小さい力で重いものを持ち上げる「てこの作用」のことです。

レバレッジを効かせることによって、少額の資金でもある程度大きなお金の運用ができるようになります。

レバレッジをかけることによって、より幅広い層の人たちが投資をはじめるチャンスを得られることになります。

 

レバレッジをかけると取引はどうなるか?(レバレッジの仕組み)

さて、少額のお金でもFXが始めらることはわかりました。

では、レバレッジをかけた取引とは具体的にどのようなものでしょうか?

レバレッジの仕組みについて詳しくみていきましょう。

 

たとえば、米ドル/円の取引で1ドル=100円とします。

レバレッジをかけないで1万通貨のポジションを持つには、100万円必要になります。

100円 ×1万(通貨)=100万円(必要になるお金)

 

でも、レバレッジ10倍で取引をすれば、資金の10倍のお金が運用できるようになります。

ということは、10万円で同じ1万通貨の取引ができることになるんです。

100万円(通常必要になるお金)÷10(レバレッジ)=10万円(レバレッジ10倍で必要となるお金)

 

上の例でレバレッジを25倍にして運用すれば、必要となるお金(必要証拠金)は4万円になります。

100万円 ÷ 25=4万円

 

このように、レバレッジを利用すれば本来必要となる資金よりもずっと少ない資金(必要証拠金)で取引できることになるため、うまくいけば非常に効率のよい資金運用が可能となります。

資金効率がよいということは、それだけ資産形成の時間を短縮することが可能になるということを意味します。

これがレバレッジの魅力です。

実効レバレッジを確認して資金管理

実効レバレッジとは?

実効レバレッジという言葉をご存知でしょうか?

実効レバレッジとは、現在の取引状況において実質的にみてどれくらいのレバレッジをかけている状態なのか?をあらわすものです。

 

実効レバレッジの計算方法

実効レバレッジの計算式は次のとおりです。

取引額(取引量 × 為替レート)÷ 有効証拠金 = 実効レバレッジ

 

たとえば、有効証拠金が10万円で、米ドル/円で1ドル=100円レートでエントリーしたとしましょう。

取引量は1万通貨として、スプレッドは考えないことにします。

 

有効証拠金: 10万円

レート: 1ドル=100円

取引量: 1万通貨

 

エントリー時の実効レバレッジは10倍ですね。

{1万(通貨)×100(円)} ÷ 10万(円)= 10(倍)

 

その後、予想どおりの値動きとなって2万円の含み益(確定していない利益)が出たとします。

そうすると、10万円だった有効証拠金は12万円に増えますね。

ですので、実効レバレッジは約8倍に下がります。

{1万(通貨)×100(円)} ÷ 12万(円)= 約8(倍)

実効レバレッジが10倍から約8倍に下がったということは、それだけ余裕のある取引状況になったということです。

 

では、逆に2万円の含み損(確定していない損失)が発生したとしましょう。

そうすると、10万円だった有効証拠金は8万円に減ってしまいます。

この場合、実効レバレッジは約12倍となります。

{1万(通貨)×100(円)} ÷ 8万(円)= 約12(倍)

実効レバレッジが10倍から約12倍に上がったということは、それだけ取引の余裕がなくなってしまったことを意味します。

 

実効レバレッジを確認しながら資金管理

実効レバレッジが下がった場合は、それだけ資金的に余裕ができたことになるのでよいでしょう。

一方、実効レバレッジが上がった場合は、資金管理の面でコントロールが必要になるかもしれません。

そのまま放置しておくと、業者からマージンコール(証拠金を追加するようにとの警告)が来ることにもなりかねませんし、最悪の場合、強制ロスカットになることも考えられます。

 

証拠金維持率がどれくらいでマージンコールが来たり、強制ロスカットされたりするかは業者によって異なります。

ですので、自分が利用している(利用しようと考えている)業者の設定基準は把握しておく必要があります。

 

資金管理の具体的な方法

さて、では実効レバレッジが上がってしまった場合、資金管理としてどのような対処をすればよいのでしょうか。

 

先ほどみた実効レバレッジの計算式を思い出しましょう。

取引額(取引量 × 為替レート)÷有効証拠金 = 実効レバレッジ

 

上の計算式は次の3つの要素で成り立っています。

取引量

為替レート

有効証拠金

 

このうち、為替レートは自分ではコントロールできません

でも、取引量と有効証拠金なら自分でコントロールできますよね。

したがって、リスクコントロールの方法としては次の2つが挙げられます。

 

実効レバレッジを下げる方法
(1)取引量を減らす
(2)有効証拠金を増やす

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

(1)取引量を減らす

取引量を減らすとは、具体的にいうと「部分的に損切りをする」ことを意味します。

損切りをした分の取引量については証拠金が不要となります(取引しないことになるので)。

その結果、実効レバレッジを下げることができるわけです。

 

たとえば、つぎのような条件で15倍の実効レバレッジを12倍に下げたいと思った場合について見てみましょう。

有効証拠金: 8万円

レート: 1ドル=120円

取引量: 1万通貨

現在の実効レバレッジ
{1万(通貨)×120(円)} ÷ 8万(円)= 15(倍)

 

では、15倍の実効レバレッジを12倍にするためには取引量をいくらに減らせばいいかでしょうか?

 

レバレッジをみて「12÷15=0.8 」なので、取引量の1万に0.8をかければいいだけの話ですね。

目標となる取引量の計算式
{(目標とする実効レバレッジ)÷(現在の実効レバレッジ)} × 現在の取引量 = 目標となる取引量

 

上の例にあてはめると、次のようになります。

(12 ÷ 15)× 1万 =  8000

取引量を8000通貨に減らせば、実効レバレッジを12倍に下げることができるわけです。

 

(2)有効証拠金を増やす

実効レバレッジを下げる二つめの方法は、有効証拠金を増やすという方法です。

具体的には、「お金を追加で入金しましょう」ということですね。

では、取引口座にどれくらい追加すればよいかを知る計算式を見てみましょう。

 

条件は先ほどの例とおなじです。

有効証拠金: 8万円

レート: 1ドル=120円

取引量: 1万通貨

現在の実効レバレッジ
{1万(通貨)×120(円)} ÷ 8万(円)= 15(倍)

15倍のレバレッジを12倍にするにはどうしたらいいでしょうか?

レバレッジをみて「15÷12=1.25 」なので、有効証拠金の8万に1.25をかければいいですね。

目標となる有効証拠金の計算式
{(現在の実効レバレッジ)÷(目標とする実効レバレッジ)} × 現在の有効証拠金  = 目標となる有効証拠金

 

上の例にあてはめると、次のようになります。

(15 ÷ 12)× 1万 =  10万

有効証拠金を10万円に増やせば、実効レバレッジを12倍に下げることができるわけです。

つまりこの場合、2万円を証拠金として追加で入金することになります。

 

実効レバレッジについての説明は以上となります。

レバレッジは自分でコントロールするものだということが、お分りいただけたでしょうか。

「レバレッジ=危険」というよりも、「レバレッジをコントロールしないのが危険」なのです。

 

最後にひとこと(レバレッジは使い方次第)

レバレッジを効かせた取引をすると、予測が当たればレバレッジを大きくした分だけ利益も大きくなります。

反面、予測がはずれればレバレッジの大きさだけ損失も大きく膨らみます。

これは否定できない事実です。

 

初心者の方が、なんとな〜く感覚的にレバレッジをかけてトレードしていたのでは短期のうちに資金を失う可能性が高くなるでしょう。

これが現実です。

 

繰り返しになりますが、相場はそんなに甘くはありません(ビギナーズラックくらいのおいしい思いはさせてくれますけど)。

レバレッジを大きくすればするほど、シビアな資金管理が必要となります。

自分が出した損失をレバレッジのせいにすることのないように、レバレッジをきちんと理解して資金管理を徹底しながらトレードしましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

⭐️ デイリーマーケット分析【XM公式サイト】⭐️
あわせて読みたい