【ロット】取引通貨の量をあらわす単位

【ロット】の意味

ロットとは、取引する通貨の量をあらわす単位のことです。

 

実は「1ロットいくらか?」については、業者によって異なるんです、

最近では「1ロット=1万通貨」とする業者が増えているようですね(ちなみに、海外FXでは 「1ロット=10万通貨」が主流です)。

 

この記事では「1ロット=1万通貨」でお話ししたいと思います。

 

たとえば・・・

米ドル/円の取引をするとします。

1ドル=100円で1ロットの買いポジションをもつという場合、ドルを1万通貨分買うことを意味します。

つまり、1ドル=100円のレートで1万ドルを買うということです。

レバレッジなしでの通常の取引だと、手数料を考えないとすれば100万円必要になりますね。

100円×1万(通貨/ドル)=100万円

 

10万通貨(ドル)だと、1000万円必要です。

ちなみに、1000通貨で取引できる業者も多くなってきました。

この場合、「1000通貨=0.1ロット」ということになります。

0.1ロットだと必要になるのは10万円ですね。

 

利益や損失はロットの大きさ(取引量)で変わる

冒頭でお話ししたとおり、ロットは取引する通貨の量をあらわす単位です。

当然ですが、通貨の取引量が増えればその分利益も増えたり、逆に損失も増えたりします。

 

たとえば・・・

全く同じ取引をした三人のトレーダーがいるとしましょう。

Aさんは、0.1ロット(1000通貨)で取引しました。

Bさんは、1ロット(1万通貨)、Cさんは10ロット(10万通貨)です。

 

先ほどの例と同様に、米ドル/円でレートは1ドル=100円とします。

三人とも同じタイミングで買いのポジションをもちました。

その後、1ドル=101円になったところでみんな決済したとします。

それぞれの利益を見てみましょう。

Aさんは、1,000円の利益です。
101円×1000(通貨)ー10万円(投資額)=1,000円
Bさんは、1万円の利益ですね。
101円×1万(通貨)ー100万円(投資額)=1万円
Cさんは、10万円の利益になります。
101円×10万(通貨)ー1000万円(投資額)=10万円

 

Aさんの利益が1,000円なのに対して、Cさんは10万円です。

全く同じタイミングでエントリーして全く同じタイミングで決済しても、ロットの違い(取引する通貨の量)でこのように大きく利益が違ってきます。

 

逆の場合をみてみましょう。

1ドル=99円になったときに決済したとすると、損失額が一番大きくなってしまうのはCさんです。

Aさんは、1,000円の損失。
99円×1000(通貨)ー10万円(投資額)=マイナス1,000円
Bさんは、1万円の損失。
99円×1万(通貨)ー100万円(投資額)=マイナス1万円
Cさんは、10万円の損失になります。
99円×10万(通貨)ー1000万円(投資額)=マイナス10万円

 

このように、まったく同じ取引をしてもロットの大きさ(取引する通貨の量)で利益や損失ががらっと変わってきます。

ですので、取引を始める前にまず、どれくらいの値動きでどれくらいの利益や損失が発生するのかを把握することが大切になります。

 

円での取引は計算が簡単!

米ドル/円や豪ドル/円、ユーロ/円やポンド/円といった円がらみの取引では損益の計算が簡単にできます。

レートが1円動いた場合の損益を見てみましょう。

 

先ほどの例で見たとおり、米ドル/円で1ドル=100円のレートが1円のドル高になって101円になったとき、1ロット(1万通貨)で取引していたBさんの利益は1万円でしたね。

逆に1円のドル安になって1ドル=99円になったときは、マイナス1万円という損失でした。

つまり、1ロット(1万通貨)だと1円の値動きで1万円の損益が発生します。
10ロット(10万通貨)だと同じ1円の値動きで10万円の損益。
0.1ロット(1000通貨)だと1,000円になります。

 

1万通貨で1万円というように、〇〇(数字)通貨の「〇〇」の部分が、1円の値動きで発生する損益になってますね。

通貨ペアや相場の状況にもよりますが、1円の値動きなんて一日で普通に発生します。

利益も大事ですが、資金管理の面でいうと自分の取引は1円予測と逆に動いたらどれだけの損失になるのか?ということ常に意識する必要があります。

 

ちなみに、ユーロ/ドルなと円が絡まない通貨ペアの場合は損益計算が少々ややこしくなります。

 

レバレッジでハードルを下げる

先ほど、1ロット(1万通貨)をレバレッジなしで普通に取引すると100万円必要になるとお話ししました(1ドル=100円の場合)。

なかなかハードルが高いですよね・・・。

 

もちろん、1000通貨でも取引できますので10万円の資金でも可能ですが、1円動いても1,000円の利益です。

なんだかものたりない・・・。

 

そんな悩み(?)を解決してくれるのが「レバレッジ」です。

レバレッジをかけた取引をすれば、10万円の資金でも100万円(それ以上も)の取引だってできるようになります。

レバレッジについては、よろしければこちらの記事をどうぞ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

⭐️ デイリーマーケット分析【XM公式サイト】⭐️
あわせて読みたい
✌️勝ち組になるための行動 >>【検証】
🎁 【キャッシュバック】でお得にトレード!