【FXの必要経費】「損失をいかに抑えるか」の先に利益がある

 

FXに興味があるってことは、要するにお金を増やしたいってことですよね?

会社などに雇われて給料をもらう場合、仕事をしてお金が減ることはありません。

仕事をすれば給料としてもらう分、お金が増えます。

 

でも、残念ながらFXの場合、そうはいかないんですよね・・・。

普通に、誰でも損しますから。

この記事では、FXでの損失をどうとらえるべきか?というマインドをご紹介します。

 

損せず儲け続けるのは不可能

トレード単位での損失は当たり前

FXで『億り人』になったとか、脱サラしてFXの専業トレーダーになった、なんて話はネット上でよく見かけますよね?

たしかに、FXで利益をあげて資産形成した人、経済的自由を獲得しているトレーダーはいます。

 

では、そんな勝ち組トレーダーは損失を出さないのでしょうか?

そんなことないです。

めちゃくちゃ稼いでいるトレーダーでも、トレード単位でみるときちんと(?)損失を出したりしてます。

 

勝ち組トレーダーは損失に対するマインドがちがう

じゃあ、なんで彼らは稼げているのか?

それは、損失とうまく向き合っているから。

 

初心者や稼げていないトレーダーとは、『損失に対するマインド』が違うんです。

勝ち組トレーダーの『損失に対するマインド』って何だと思いますか?

 

『損失は必要経費』というマインドが大事

勝ち組トレーダーは損失を『必要経費』とみなします。

トレード単位では負けるときがあって当たり前と考えるのです。

一回一回のトレードで一喜一憂しません。

 

FXは『トータルで勝てればいい』

なぜか?

勝ち組トレーダーは、『トータルで勝てればいい』とうマインドをもっているから(そして、その信念をトレードで貫いているから=マインドがブレないから)。

 

いくら高度な相場分析やチャート分析をしたところで、先のことは結局のところ誰にもわかりません。

100%確実に勝てる(利益を出せる)トレード手法なんてないんです。

ですから、「負けることもあって当然」ということを素直に受け入れる必要があるわけです。

 

必要経費は淡々と受け入れる

『トータルで勝つ』というマインドと貫くトレーダーは、一回一回のトレードで「勝った、負けた」と一喜一憂せずに、負けトレードでの損失は必要経費として素直に受け入れます。

 

もちろん、経費は低く抑えられた方が利益が増えやすくなりますよね。

そこで、考えなければならないのが損失(コスト)をいかに抑えて利益を伸ばすか?です。

 

損失(コスト)をどうやって抑えるか?

『損切り』で損失をおさえる

矛盾した感じがしないでもないですが、損失というコストを抑える方法とは、ずばり『損切り』です。

具体的には、必要以上の無駄な損失を出さないということ。

 

  • 『必要な損失』とは、相場の不確実性から生じる避けがたい損失。
  • 『無駄な損失』とは、自分の感情に負けて損失を素直に認めなかったため(損切りが遅れたため)に生じる損失。

無駄な損失を減らせばその分、利益も増える(残る)。

簡単にいうとそういうことです。

 

損切りの徹底にはトレードの基準や根拠が重要

必要な損失については、どうすることもできません。

相場をコントロールすることは不可能だからです。

 

でも無駄な損失、つまり「損切り遅れ」で生じた損失は、自分で回避できます。

改善の余地があるんです。

 

どうするかというと、トレードで具体的な損切り基準を設定して、その基準に達したら何が何でもスパッと損切りすることです。

勝ち組トレーダーは、自分の判断が間違っていたとわかった瞬間、なんのためらいもなく即座に損切りを実行します。

 

なぜ、そんなことができるかというと、経験値だけでなく自分のトレードにしっかりとしたルールや根拠があるからです。

トレードの基準がはっきりしているからこそ、スパッと損切りできるわけですね。

 

【おまけ】損切り貧乏には要注意!

もちろん、むやみやたらと損切りを繰り返すと、今度は『損切り貧乏』になって、それはそれで資金をすり減らしてしまいます(FXってむずかしいですね ^^;)。

だからこそ、というか、ここが最大のポイントなんです。

 

優位性のあるトレード手法を自分で確立し、検証・改善を繰り返しつつじっくりと資産を形成していくのがFXの王道だと私は考えます。

*『優位性のあるトレード』というのは、短期間では勝ったり負けたりするものの、中長期的にはトレード回数が増えるほど利益も徐々に積み重なっていく、つまりトータルで勝てるトレード手法のことです。

 

以上、FXでは損失を必要経費(コスト)ととらえて損切りを徹底しましょう、という話でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

⭐️ デイリーマーケット分析【XM公式サイト】⭐️
あわせて読みたい