【Pips /ピップス】損益計算に必須の知識

 

FXに興味をもってネットでいろいろ調べていたりすると、「pips」っていう言葉がしょっちゅう出てきます。

なんとなく単位をあらわすことはわかるんですが、それ以上のことはよくわかりませんよね。

この記事では、この「pips」という単位ついて米ドルとの関係もあわせて簡単にお話ししたいと思います。

 

「pips」という単位

pips(ピップス)というのは、pip(ピップ)という単位の複数形で、pipとは、<Percentage In Point>または<Price Interest Point>の略で、値幅(値動き)を表すときの最小単位として用いられています。

pipはその通貨の最小単位の100分の1をあらわします。

 

これだけだと、ピンときませんよね。

具体例で見てみましょう。

日本円とpip
1pip = 1銭(1円の100分の1、0.01円)
10pips = 10銭(1円の10分の1、0.1円)
100pips = 1円

 

日本円と他の通貨の組み合わせ(米ドル/円、豪ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円など)でしかトレードしない人は、とりあえず、これだけ知っていればOKかと思います。

 

ちなみに、日本では1pipのことを1pips(複数形)と表現している場合が多いです。

まあ、細かいこと気にしても仕方ありませんので好きなように表現したらよいかと思います。

 

MT4(MT5)を使う場合は要注意!

MT4(またはMT5)とは、FXでトレードする際に利用するプラットフォームのひとつです。

MT4(Meta Trader 4 )は、おそらく世界で一番人気のある高性能プラットフォームでしょう。

ただ、海外ではメジャーなのですが、国内のFX業者では利用できるところは限られているのが現状です。

FXをはじめてしばらくすると、いろんなインジケーターや自動売買などにも興味が湧いてくるかもしれませんので、ここでサクッとMT4を利用する際の注意点もお話ししたいと思います。

 

さて、このMT4をつかっているとpipsのようでpipsじゃない、まぎらわしい文字が出てきます。

「point」です。

pipとpoint
1pip = 10point

0.3pips だと3point、1.5pips だと15point、50pips だと500point ですね。

MT4では、このpointが取引の最小単位となります。

つまり、pipよりもさらに取引単位が小さく(10分の1)なっているんです。

 

円とpip、pointの関係
1円 = 100pips = 1000point

0.3pips = 3point = 0.003円(0.3銭)

1.5pips = 15point = 0.015円(1.5銭)

50pips = 500point = 0.5円(50銭)

 

こんな感じです。

MT4をつかって、米ドル/円のように日本円と他通貨のペアでトレードする際は、上の関係が頭に入っていればOKでしょう。

まあ、すぐに慣れますけどね。

 

ゼロが多すぎで見るのもイヤになる?【米ドルとpips】

こちらは、少しややこしいお話です。

米ドルとpipsについて、かる〜く見ていきましょう。

 

「1pip」って何ドル!?

1pip = 0.0001ドル

小数点以下のゼロは3つです。

ゼロがずらっと並んでいて、ちょっと拒否反応が出てきそうですね。

 

気を取り直して、日本円のときを思い出してください。

1pip = 0.01円(1銭)でしたね。

pipはその通貨の最小単位の100分の1をあらわします。

 

日本円の最小単位は1円です。

1円の100分の1、ということで

1pip = 0.01円(1銭)になります。

 

さて、本題に入ります。

米ドルの最小単位は1セントです。
1セントの100分の1、ということで、1pip = 0.01セントになります。

 

じゃ、セントではなくドルで表すとどうなるか?

1ドル=100セントですよね。

つまり、1セントは1ドルの100分の1になります。

1pipは、その1セントのさらに100分の1でしたね(1pip = 0.01セント)。

つまり、1pip = 0.01ドル(1セント)×0.01(1セントのさらに100分の1)ということになります。

 

なので、1pip = 0.01 x 0.01 ドルということになり、

1pip = 0.0001ドルとなるのです。

 

もうこの時点で拒絶反応を起こしている方もいらっしゃるかもしれませんね。

100分の1のさらに100分の1とか、なんだか自分で書いていて途中でわけわからなくなってきましたが、要するに下にあるとおりです。

米ドルとpip
1pip = 0.0001ドル
10pips = 0.001ドル
100pips = 0.01ドル(1セント)

 

・・・と、こんな感じです。

ゼロが多くてどうにかしてほしい気持ちはわかりますが(わたしだけ?)、トレードしていればすぐに慣れますよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

⭐️ デイリーマーケット分析【XM公式サイト】⭐️
あわせて読みたい