【プロスペクト理論】損小利大ができない原因はこれだった!

 

プロスペクト理論とは?

プロスペクト理論とは、簡単にいうと、人間は利益に対しては失うリスクを嫌って確実性を重視し、逆に損失に対してはリスクをおかしてでもできるだけ少なくしたい、という意識がはたらくことを示した理論です。
確率的にはっきりしていることに対して、実際に人間がどのような選択をするのかについて説明するもので、行動経済学の代表的な理論として知られています。
エイモス・トベルスキーとともにこの理論を展開したダニエル・カーネマンは、2002年にノーベル経済学賞を受賞しています。

 

それでは早速、プロスペクト理論の具体的なイメーイジが湧いてくるように具体例でご説明します。

 

プロスペクト理論の元となった実験

(↑)きみは1億円ぽっちで満足かね? ふふふふふ・・・・

 

プロスペクト理論が提唱された背景には次のような実験(このブログでは具体的な部分を変えています)があります。

心理テストっぽい感じで、つぎの2つの質問について自分だったらどちらの選択をするか是非かんがえてみてください。

選択1、2ともA、Bいずれかを選んでください。

選択1
なぞの老紳士があらわれて、あなたにこんな夢のような提案をしたとします。
A
無条件で1億円がもらえる。
B
コイントス をしてオモテが出たら2億円もらえるが、ウラが出たら何ももらえない。

 

みなさんは、どっちを選択しますか?

なぞの老紳士があやしすぎるので無視する」とかいうのはナシですよ。

ちなみにわたしは、「B」ですね。

やっぱり1億円より2億円がほしいですから。

仮にウラが出て何ももらえなかったとしても、別にじぶんが損するわけではないし。

リスクをおかしてでも1円でも多い方をねらいます!

 

選択2
あなたは2億円の借金を抱えているとします。奇特な債権者はあなたにつぎの提案をしました。
A
無条件で借金が1億円に減る。
B
コイントス をしてオモテが出たら借金はゼロになるが、ウラが出たら借金はそのままかわらない。

 

こちらの場合は、どっちを選びますか?

わたしは、「A」を選びます。

無条件で借金が1億円減るなんて夢のような話です。

「B」なんて問題外ですね。

ウラが出たら意味ないですからね。

確実に1億円チャラの方を選びます。

 

すいません、わたくし・・・

 

ウソをついておりました。

 

選択1では「A」、選択2では「B」を選びます・・・。

みなさんはどのような選択をされましたか?

 

プロスペクト理論の実験結果はなにを意味するのか?

この心理テスト(実験)について簡単にご説明します。

 

選択1については、どちらも期待値は1億円です。

期待値とは、確率で考えた場合の平均値のことです。

 

小難しいことはさておき、今回の心理テスト(実験)では次のような計算で期待値がわかります。

 

選択1
A
1億円(もらえる金額)×1(100%=もらえる確率)=1億円(期待値)
B
2億円(もらえる金額)×0.5(50%=もらえる確率)=1億円(期待値)

 

どちらも期待値が1億円ということは結局、確率的な考え方をすれば損得勘定はどちらを選んでも同じことになります。

 

選択2
A
1億円(減る借金の金額)×1(100%=借金が減る確率)=借金が1億円減る(期待値=マイナス1億円)
B
2億円(減る借金の金額)×0.5(50%=借金が減る確率)=借金が1億円減る(期待値=マイナス1億円)

 

どちらも期待値がマイナス1億円(借金が1億円減る)ということはこの場合も結局、確率的な考え方をすれば損得勘定はどちらを選んでも同じことですね。

どちらを選んでも期待値(今回の例でいうと損得勘定)は同じです。

にもかかわらず、カーネマンがおこなったこれと同じような実験では、選択1では「A」(1億円を確実にもらう)、選択2では「B」(借金がゼロになる方に賭けてみる)を選ぶ人の方が多いという結果が出ました。

多数派の心理をもう少し詳しく分析するとこうなります。

 

選択1

たしかに2億円はほしい。でも、ウラが出て何ももらえなかったらイヤだな。

そんなリスクをおかすくらいだったら、たとえ半分の1億円でも確実にもらえたほうがいいな(1億円がもらえるチャンスをのがしたくない)。

→「A」を選択

 

選択2

たしかに借金が1億円確実に減るのはうれしい。

でも、なんだかんだいってまだ1億円の借金が残るわけだし・・・

それよりだったら、一か八かで借金全額チャラの方に賭けてみようかな(借金がチャラになるチャンスをのがしたくない)。

→「B」を選択

 

つまり、人間は目の前の利益に対しては「絶対に失いたくない!(半分の1億円でも確実な方がいい)」という確実性に対する思いがつよくなり、逆に損失に対しては「絶対イヤだ!少しでも減らしたい!(借金が減らないリスクをおかしてもゼロになる方に賭けたい)」という拒絶の思いがつよくなりやすいということです。

見方を変えると、どちらも選択のウラに「チャンスをのがしたくない(損したくない)」っていう心理がはたらいています。

 

選択1のA
1億円をもらうチャンスをのがしたくない。
選択2のB
借金がチャラになるチャンスをのがしたくない。

 

つまり、得することよりも損することの方が心理的作用が強いということです。

ここで何かピンときませんか?

トレードしているとき、これと似たような感情になった経験がありませんか?

そう、予定より早く利益を確定してしまったり、逆に損切りを先延ばしにしてしまったり・・・。

 

早い利食い
この含み益を確実なものにしたい(この利益を失いたくない)
損切りの先延ばし
この含み損を受け入れたくない(損失を少しでも減らすチャンスをのがしたくない=もう少し待てばもちなおすかも・・・)

 

これって、まさに先ほどみたプロスペクト理論での実験で証明されている「人間の本能」なんです。

仕方ないことなんです、人間だもの!(開き直り!?)

 

「損小利大」ができない原因

損小利大とは、読んで字のごとく、損失は小さく利益は大きくなるように取引するという考え方をいいます。
相場での基本的(スタンダード)な考え方でもあります。

 

実は、上でみたような人間の本能が「損小利大」の邪魔をしているんです。

「損小利大」ってあたまではわかっていても、なかなか実行できないものですよね。

プロスペクト理論でいうと、利益の確定は前倒ししたくて損失の確定は後回しにしたいというのがトレーダー心理(本能)でしょうか。

でも、その本能のままに損小利大のトレードを続けていると、平均利益は小さく平均損失は大きくなってしまいます。

すると、「トータルで勝てない」ってことになります(よほどの高勝率の場合は別ですが)。

 

FXの王道は「トータルで勝つ」ことです。

ということは、プロスペクト理論を克服しない限り資産を増やしていくことはむずかしいってことですね。

むしろ、トレードすればするほど資金は減っていく・・・。

これだと資金を減らすためにトレードしているようなものですね。

 

もちろん、いろんなトレードスタイルがありますので「損小利大が絶対」っていうことではありません。

逆の『損大利小』でもトータルで勝っている方もいらっしゃるでしょう(高い勝率をキープできれば可能)。

でも、先ほどお話ししたとおり、FXに限らず相場の一般的な考え方は「損小利大」です。

プロスペクト理論の実験で多数派の選択をされた方は、自分の本能に逆らってトレードする必要があるんですね。

もうこれは訓練するか(ハードな対処法)、工夫するか(ソフトな対処法)しかありません。

 

ちなみに・・・
トレードスタイルにもよりますが、ソフトな対処法として・・・
(1)エントリーしたときに決済注文(利益確定の注文と損切りの注文)を入れておき、いずれかが成立したときに約定通知(メール)が来る設定にしておく。
(2)そして、通知が来るまではチャートを見ない。
・・・という方法もあります。
メンタルを鍛えるという点では若干、現実逃避な感じはしますが、はじめのうちはこれでもいいかと思います。

 

ロットを上げるときは要注意!

そのひとの金銭感覚によるところが大きいので一概にはいえませんが、ロットが小さいうちは問題なく損小利大でトレードできたのに、ロットが大きくなってくると利食いが早くなってしまう傾向がありますので注意が必要です。

 

ちょっとした値動きで「もうこんなに稼げてる!」とか「もうこれくらいで十分!」、「こんな利益を失ったらもったいない!」という気持ちになって、ついつい予定より早い段階であっさりと利益を確定してしまいがちです。

ロットが大きくなればなるほど、この傾向がつよくなります。

(わたくしごとですが、貧乏性なほどこの傾向がつよくなったりもします)

特に初心者の方がいきなり大きなロットでトレードをはじめると、この「利大」がむずかしくなるでしょう。

ワンクリックで目の前の「結構な」お金が手に入るのに、それを失うリスクを犯しながら目標値(利益確定のレート)に達するまで我慢しなければならないのですから。

逆に損切りの方はちょっとレートが動いただけで「うわっ、もうこんな損失になってる!」という危機感(恐怖感)から、わりとすんなりできたりしますが・・・。

 

最後にひとこと

人間、得したことよりも損したことの方が心理的なインパクトが強いって、たしかにそうですね。

わたしの経験では、雨が降りそうだから傘を持って行ったけど結局降らなかったときは、なんだかすごく損した感じがするけど、実際に雨が降って「傘持ってきてよかった」という感じってそれと比べると印象が薄いです。

あと、楽しみにしていた休日に雨が降ったりすると、「なんで休日になると<いつも>雨が降るんだ?」って思ったりもします。

実際には、休日になると<いつも>雨が降るわけではないんですけど、嫌な思いってそれだけインパクトが強いんですよね。

楽しいひとときを期待して休日を迎えるので、雨が降るとその分余計にネガティブな感情になってしまうんです。

それと同じで、FXを始めたばかりの頃(まだ相場からの洗礼を受けていない段階)で、「儲けるためにやっているんだから儲けて当然」という思いが強いほど、損失に対する心理的ダメージも大きくなるかもしれません。

損切りについても、「損切りしてよかった(損失を抑えることができた)」という気持ちよりも、「損切りしてお金が減った」っていう気持ちの方が心理的に強く作用するのは自然なことです(人間だもの)。

 

プロスペクト理論で「人間の本能」を知ると、トレードしている自分を客観的に分析することができるでしょう。

プロスペクト理論は相場で生き残っていくためには是非とも知っておきたい理論です。

「あぁ、自分はいま利食いしたくてたまらないって思ってるな」
「あぁ、自分はいま損切りをもう少し待ってみたいって思ってるな」

 

トレード中、このように自己分析したら、わたしは「プロスペクト理論」ということばを心の中で何度もつぶやきます。

効果のほどは「微妙」ですが・・・。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

⭐️ デイリーマーケット分析【XM公式サイト】⭐️
あわせて読みたい
✌️勝ち組になるための行動 >>【検証】
🎁 【キャッシュバック】でお得にトレード!