【大損しない方法?】まずはリスクリワードを設定しよう

FXで大損して一発退場をくらったっていう話、ネット上でよくみかけますよね。

 

自分は大丈夫って思っていても、連敗がつづいたりすると「一発逆転で負けを取り戻したい!」って感情が芽生えてくることってありませんか?

で、ついついルール違反して、ロットを上げたハイリスクなトレードをしてしまったり・・・(はい、私です ^^;)。

 

トレード手法に正解はありません。

でも、なかなかルールを守れない人が大損を未然に防ぐ方法ならありますよ。

 

リスクリワードを決める

大損しない方法とは?

ずばり、『リスクリワードの設定』です。

 

損失と利益をあらかじめ設定(想定)してしまうのです。

エントリーと同時に、損切り注文と利益確定の注文を入れておきましょう。

あとは結果が出るまでほったらかし。

 

間違ってもチャートに張り付いたり損益が増減するのを見続けたりしてはいけません。

心が乱れてきますから。

 

特に初心者の場合、いきなり感覚的に相場を分析してもうまくいかないものです(ビギナーズラックはありますが)。

 

リスクリワードを設定しておけば、あとは結果が出るまで放置できます。

チャートの値動きや損益の増減で心が乱れる心配はありません。

 

大損する原因?それは感情の乱れ

初心者は勝ってもいずれ大損のおそれ

初心者の頃って、じつは勝っても負けてもそのうち大損しやすいようになってるんですよ。

勝ったらほぼ間違いなく調子に乗ります。

そして、勘違いします。(例:オレって才能あるわ!もってるわ!)

 

やればやるほど儲かると勘違いして闇雲にトレードしたり、ロットを上げて大勝負に出たりします。

もう頭の中には大儲けすることしかありません。

リスクの『リ』の字もありません。

 

結果、どうなるか?

遅かれ早かれ、資金の大半を失ったりします(大半じゃないですけど、わたしもその一人)^^;

 

初心者が負ければ大損一直線の可能性大

負けたら、負けたで悔しくてすぐに取り返したくなります。

ここで、「やっぱ、FXってこわいな。もっときちんと勉強しよう」とか思えばいいんですけど、なかなか人間そうはいきません。

 

冒頭でも触れましたが、大概、勝つまでトレードを繰り返そうとしたり、ロットを上げて一発逆転の大勝負に出たりします。

でもまあ、負けます。

経験もないし、そもそも感情に呑み込まれてますからね。

 

ロットを上げた分、損失も大きくなります。

悔しさを通り越して『怒り』の感情が芽生えてきます(経験談)。^^;

しまいには冷静さを失って、どんどん無茶苦茶なトレードをやって、挙げ句の果てに退場というパターンですね。

 

一発逆転大勝利しても、いずれ大損するおそれ

もちろん、一発逆転の大勝負で勝つこともあるでしょう。

ハイレバレッジ の大勝負で連勝を積み重ねれば、短期間で10万円から『億り人』になることだって不可能ではありません。

 

でもまあ、最終的には大抵、大損します。

 

だって、一発逆転大勝利なんかしちゃったら「やっぱオレ、才能ある」と思ってしまうでしょうから。

そして、調子に乗ってでたらめなトレードを繰り返して資金をがっつり減らしたり、下手したら退場くらったりします。

 

技術面にしてもメンタル面にしても、初心者の頃ってそこらじゅういたるところ『大損トラップ』だらけなんですよ。

 

自分でコントロールできることに集中しよう

相場はコントロールできない

自分の力で為替レートを動かすなんて、一般の個人投資家にはまずできません。

レートは私たちのポジションに関係なく上がったり下がったりします。

 

いったんエントリーしたあとは、勝つか負けるかは相場次第。

自分ではどうすることもできないことに対してあれこれ考えたり、念じたり、お祈りしたりしても無駄ですよね。

 

損失はコントロールできる

でも、少なくとも損失と利益をいくらに設定するかくらいは、自分で決めることができます。

損失が最悪いくらになるかわかっているだけでも精神的に楽です。

 

もちろん、損はしたくありませんよね。

でも、負けた場合いくら損するのか決めていない状態だと、どうしてもチャートや損益が気になってしょうがなくなります。

 

適切な損切りポイントを裁量で判断することは、初心者にとっては至難の技。

だからこそ、エントリー時にあらかじめ損切り注文(ストップオーダー)を入れておくんです。

そうすれば、エントリーがおわったら「もし負ければ〇〇円の損か・・・」っていう心の準備ができますからね。

 

要するに、自分の許容範囲で損失をしっかりコントロールしましょう、ってことです。

楽なんですよ、この方が。

利益確定の注文もあらかじめ入れておけば、あとは結果が出るまでほったらかしでOKですから。

 

自分でコントロールできることに集中して、時間を有効に使った方がいいと思いませんか?

 

『ほったらかし』はある意味、正義

『時は金なり』って言葉がありますよね。

お金も大事ですが時間だって大切です。

 

初心者のみならず、仕事や趣味、家庭も大切にしたい人にとっても長時間チャートに張り付いて過ごすと、他のやりたいことをする時間がなくなります。

そういうトレードは、ガチの専業トレーダーや専業に近い兼業トレーダーのやることです。

 

FXもいいけど他の時間も大切にしたい人は、エントリーしたら「損切り」と「利益確定」の注文を出してあとは結果が出るまでほったらかし、というスタイルがおすすめです。

 

「利益確定」の注文でリワード(利益)の方も設定してしまえば、チャートに張り付いて利確のチャンスを待ち続ける必要もなくなりますので。

もしくは、「エントリー」のレートすらも注文しておく(合計3つの注文レートを設定)っていうのもアリですね。

 

リスクを限定して、利益もあらかじめ決めておく。

あとは結果が出るまで他のことをして時間を有効に活用する。

リスクリワードを設定すれば、ほったらかしトレードで大損を回避できるだけでなく、結果的に有意義な時間の確保もできるようになります。

 

【おまけ】相場の急変動で想定外の事態も発生

最後に注意したいのは、相場が急激に変動した場合などは値が飛んで、設定したストップオーダーの損失よりも大きな損失を被ることもあるということ。

こればかりはどうしようもありません。

もっとも、自分にとって有利な方向でレートが急激に飛ぶ場合には想定よりも得することもありますけどね。

 

以上、「大損したくなかったら、とりあえずリスクリワードを設定してみよう」という話でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい
✌️勝ち組になるための行動 >>【検証】
🎁 【キャッシュバック】でお得にトレード!