【FXに向いていない】と感じたときの対処法:つづける?やめる?

FXってなかなか思うように稼げなくないですか?

 

調子いいな、と思ってると次第に勝てなくなったり・・・

いろんなトレード手法に手を出してドツボにはまったり・・・

感情的になって近くにある物に八つ当たりしてしまったり・・・

 

もしかしたら、自分はFXに向いていないのかもしれないと思うことだってありますよね?

・・・私はあります。 ^^;

 

今回は、FXに向いていないかも?と思ったりしたときに読んでいただきたい記事です。

 

うまくいかないときは必ずある

FXでの値動きなんて結局のところ誰にもわからないものです。

 

関連書籍をたくさん読めば勝てるようになるわけではありません。

高額なセミナーや情報商材にお金をつぎ込みさえすれば勝てるようになるものでもないでしょう。

どんなに優秀なトレーダーでも損失を出すときは出します(適切な損切りをしつつトータルで勝つのがプロ)。

 

何を言いたいかというと、完全な予測が不可能ならばうまくいかないときがあって当然、ということです。

うまくいかないときがある(波がある)からこそ、「トータルで勝つ」という思考が大事になってくるわけです。

 

どう対処していくかが大事

優位性のあるトレード

FXでうまくいかない、ということは「トータルで損している」ということでしょう。

 

トレード手法に優位性がない場合、取引回数が増えるほど資金をすり減らすことになります。

優位性のあるトレードは結局、自分で地道に検証しながら磨き上げるのがいちばんの近道だと私は考えます。

 

*「優位性のあるトレード」とは、短期的には負ける時期があったとしても、中長期的なスパンではトレードを続ければ続けるほど利益が積み重なっていくトレードのこと。

 

いろんな人のいろんなトレード手法を取っ替え引っ替えしても、自分でしっかり検証するという作業を怠れば、資金だけ減って自分に残るものはありません(経験談)。

 

根拠のあるトレード

まずはトレードにしっかりと根拠を持たせましょう。

 

初心者の場合は、「なんとなく」という感覚的なトレードをいち早く卒業することです。

なぜなら、根拠がなければそのトレード手法がなぜうまくいかなかったのか検証できませんから。

 

トレードに根拠がないとメンタル面もブレてきます。

検証すら十分にしていない段階で不安にかられ、いろんなトレード手法に目移りしてしまったり・・・。

 

とはいえ、勝ちトレードならいざ知らず、負けトレードについてなぜ負けたのかをいちいち分析・検証することは面倒臭いし気分のいいものではありませんよね。

でも結局のところ、自分が本当に信じられるトレードの根拠は自分自身による分析・検証によってしか生まれません。

 

分析・検証の作業を地道に続けられるか否かがFXを続けられるか否かのカギになるといってもいいでしょう。

 

分析とか検証とか面倒くさい、という人へ

トレードスタイルによっては、システムトレード(他人が開発したシステムを利用するだけの場合)やリピート系FXのように一定のルールに従って自動売買を繰り返すものもあります。

この場合は、トレードごとにいちいち自分で分析・検証の作業をする必要はありません(システムトレードだと相場環境によってシステム(ストラテジー)を入れ替えたりする必要がありますが、この作業も業者がやってくれるフルオート・タイプもあります)。

 

上記のようなトレードは、基本的には「ほったらかし」でOKなトレードスタイル(FXでの資金運用法)です。

面倒臭がりの人は、このタイプのトレードを検討してみるのもアリかと思います。

 

FXから離れてみるのもひとつの方法

FXがすべてではない

うまくいかない状況を打破するためには、それなりの工夫や労力が必要となります。

そんなのやってられないと思うのであれば、ぶちゃけFXなんて別にやらなくてもいいと思います(FXの記事を書いていながらこんなこと言うのもなんですが・・・^^;)。

 

最悪なパターンは、あまり気が乗らないのに無理してダラダラと続けることです。

なぜなら、ほぼ100%、大事なお金をすり減らしていくことになるでしょうから。

 

一度、FXについて冷静に考えてみましょう。

 

あなたにとって本当にやり続ける必要があるものですか?

大事なお金や時間をつぎ込んでまでやりたいことですか?

 

FXをやる目的はなんですか?(もちろん、お金です!^^)

 

隙間時間をつかったお小遣い稼ぎ?

副業としてやりたい?

それとも専業トレーダーになりたい?

 

FXの代わりになるようなものは他にありませんか?

FXをつづけることが最良の選択ですか?

 

「負けを取り戻す」はFXを続ける理由にならない

FXを続ける理由として「負けた分を取り戻したいから」というものがあるかもしれません。

 

気持ちはわかります。

何か買い物をしたわけでも、レストランで食事をしたわけでも、旅行に行ったわけでもないのに、自分の大事なお金が減ったわけですからね。

 

でも、そういった感情は捨ててしまいましょう。

さらに多くを失うリスクが高いからです。

なぜ、さらにお金を失うかというと、取り戻したいという『感情』でトレードしやすくなるから。

 

当たり前ですが、自分がいくら失ったかなどおかまいなしにFXのマーケットは動いています。

弱肉強食のマーケットでは、「こいつは損ばっかりだし、FXやめるとか言い出すと悪いから、ちょっとだけ勝たせてやろうかな」なんてことはありません。

 

「このままでは悔しい」「早く取り戻したい」「一発逆転してやる!」

 

そんな感情に支配された状態でトレードしてもいい結果が出るとは思えませんよね。

冷静にトレードするのが困難な状態ですから。

 

「負けを取り戻す」のが理由なら、FXへの『リベンジ』はやめときましょう。

 

【おまけ】「強くてニューゲーム」で再開してもいい

ここでやめたら負け犬みたいでオレ(あたし)のプライドが許さない!という方もいるかもしれません。

 

でも、やめてもまたいつか再チャレンジすることだってできます。

相場はどこにも逃げませんし。

 

いつだって好きな時にまたチャレンジすればいいんです。

あせりは禁物。

悔しい気持ちはわかりますが、もう少し気楽に構えてみましょう。

 

トレードでの失敗だって貴重な経験値として自分に残ります。

いったんFXのことは忘れて他のことに熱中するのもひとつの有効な対処策です。

 

しばらくして気が向いたら、前回の経験値を活かして「強くてニューゲーム」でもう一度はじめればいいんです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

⭐️ デイリーマーケット分析【XM公式サイト】⭐️
あわせて読みたい