【損切り、大事、絶対!?】必要経費としてルールに織り込もう!

キズは浅い方がいい(スパッと損切りしよう)

損切りは、マーケットで生き残っていく上でほぼ必須の行動です(損切りしないトレーダーもいるようですが・・・)。

損切りとは、含み損を抱えている(マイナスになっている)ポジションを決済して損失を確定することです。

 

「わたしが間違っていました」と負けを認めて損失を受け入れることです。

これでみなさんの資金が減ります。

だれでも損はしたくないですよね。

そこで、こう考えるんです。

いま決済したら〇〇円損するのか〜
やだな・・・
たぶんもう少ししたらプラスになるんじゃないかな・・・
もう少し様子を見てみよう。

 

そしてしばらくして、

うわっ、ますます損失がふくらんでる!
ここで決済したら、がっつり資金が減るなぁ・・・
でも、ここまで下がったんだから、さすがにもう上がるしかないでしょ。
絶対あがるね、これは。
いまは損を確定しないほうがいいかも。
もう少し待ってみよう。

 

しまいには、こんなふうになってきます。

FXの神様、おねがいです!
この含み損をなんとかしてください!
利益なんかいりません!
もうプラマイゼロでけっこうですので!
・・・・いや、もうそんなわがままいいません、
この含み損を半分にしてください!
これからは、きっちり損切りしますから!
約束します!
おねがいします、FXの神様!!
かみさま!?聞いてますか?
ねぇ・・・・かみ・・さ・・、
か〜み〜さ〜ま〜〜〜〜あ〜〜〜〜(半ベソ)

 

いわゆる「お祈りトレード」ってやつですね。

上の例では「お祈り」というよりは「泣きすがり」ですが・・・。

 

さて、このあとどういう結末が待っているでしょうか。

ある人は泣く泣く損を確定して、自分の許容範囲を大きく超えた損失を出し、資金の半分近くを一気に失うかもしれません。

またある人は、業者からポジションを強制決済(強制ロスカット)されるかもしれません。

幸運にもプラスにもどって「やっぱり自分は正しかった」とガッツポーズをとる人もいるかもしれません。

 

いずれにしても、中長期的にトータルで勝つというFXの王道から逸脱した行動といえます。

仮にそのときはプラスに戻ったとしても(プラスマイナスゼロ近辺で逃げることができたとしても)、同じことを繰り返しているうちにいつかは<大ケガ>します。

 

資金は、失えば失うほど取り戻すのが大変になります

気が焦ります。

「早く取り戻したい」という感情に支配されてきます。

大きなロットで勝負に出たりします。

下手するとメンタル崩壊です。

 

そのような状態では、よいトレードをするのが難しくなってきます。

なかなか勝てません。

損失が増えます。

イライラしてきます。

 

感情に支配されているので、なかなか勝てません・・・・という感じで負のスパイラルに突入してしまいます。

そして、資金(証拠金)が一定レベルを下回ると退場(強制ロスカット)です。

トレードルールを守って資金を守る

損切りは、大なり小なり精神的苦痛を伴います。

この苦痛に対して免疫ができていないためか、初心者の方にはなかなか損切りができない方も多くいらっしゃるようです(過去のわたし)。

 

多くのトレーダーがそうであるように、損切りはFXを継続するための必要経費と考えるほうがいいかもしれません。

ベテラントレーダーでバリバリ稼いでいる人たちだって、短期的には普通に負けたりしていると思いますし、負けた時はやはり人間だれしもいい気分ではないでしょう。

 

でも、そこでしっかりと損切りできるかできないかが、トータルでの運用成績に反映されてくるのです。

適切な損切りに躊躇してしまうと、せっかく積み上げた利益をたった一回のトレードで吹き飛ばしてしまうことだってあります。

 

しっかりと損切りを実行するためには、まず自分でルールを作っておきましょう。

 

こういう状況になったら切る。

〇〇円マイナスになったら切る。

マイナス○○pipsになったら切る。

基本的なことさえおさえていれば、なんでもいいと思います。

正解なんてないのですから。

 

ネット上にあふれた情報に振り回されるのは、時間(場合によってはお金も)のムダです。

 

絶対儲かる系、短期間でがっぽり稼げる系の甘いうたい文句には気をつけてください(実際『確実に』儲かるのはあなたからお金を受け取る人たちです)。

トレードよりもそっちの方で大切な資金をすり減らしてしまうことのないようにいたいものです。

 

トレード手法なんて、少なくともはじめのうちはベーシックなものでいいでしょう。

<失敗→検証→改善>を繰り返しながら、それを自分だけの手法として磨き上げて行くのが王道です。

 

そして、自分で決めたルールはしっかり守る。

適切な損切りを実行するときは、もう問答無用でばっさり切るのです。

機械的に。冷徹に。

 

ただ、あまりにも頻繁に損切りしすぎて「損切り貧乏」になる可能性もありますので、トレードルールの方でうまく調整しましょう。

具体的な損切りの仕方は、資金管理の仕方との兼ね合いで決めることになるので、資金管理についてもしっかり勉強しておく必要があります。

最後にひとこと

損切りってはじめのうちはなかなかできないのが普通です。

 

じぶんで決めたルールどおりに損切りができなくても、自分の性格とか意思の弱さなどについて自分自身を責める必要などありません。

人間は損切りがなかなかできない、ということはプロスペクト理論で説明されてもいます。

 

いつの日か「損切りしないと結局は大損する」ということを身をもって(身銭を切って)実感できたのであれば、そこに至るまでのある程度の「勉強代」(損失)も決して無駄にはなりません。

ですので、FXの口座を開設してもとりあえずは少額からはじめることをおすすめします。

「ロットを張れ!」という言葉を真に受けて(煽られて)、あっというまに強制ロスカットなんてことにならないようにしましょう。

 

大きなポジションでトレードするのは、ある程度経験を積んでから(「少額で取引しててよかった・・・(冷や汗)」というような経験をしてから)のほうがいいですよ。

少額であれば、損切りが遅れたことによって強制ロスカットされても、「勉強代」として謙虚に受け止めれば次に生かせるからです(全力投資して強制ロスカットなんて目も当てられません)。

 

たしかに損失を確定するのは痛いです。

苦痛です。

でも、そこは前向きに考えて損切りを必要経費としてトレードルール(資金管理)に織り込んでいきましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

⭐️ デイリーマーケット分析【XM公式サイト】⭐️
あわせて読みたい