【イスラム口座】ノーリスクで儲かる?スワップアービトラージ

 

イスラム口座とは?

イスラム口座とは、スワップポイントが発生しない口座のことです。
スワップフリー口座ともいわれています。
スワップポイントとは、通貨ペアの一方の国の金利と他方の国の金利の差を調整した金利差調整分のことです。
基本的には金利の低い国の通貨を売って金利の高い国の通貨を買えば、スワップポイントが毎日もらえます(土日の分をまとめてもらう曜日もあります)。
逆に、金利の高い国の通貨を売って金利の低い国の通貨を買うと、マイナススワップとなってスワップポイントを毎日支払わなくてはならなくなります(土日の分をまとめて支払う曜日もあります)。

 

名前からしてだいたい想像できると思いますが、これはイスラム教徒のための口座です。

では、なぜイスラム教徒の口座ではスワップポイントが発生しないのか?

 

それは、シャリアというイスラムの法律で利息の授受が禁止されているからです。

つまり、イスラム口座で取引する場合、ポジションを長期保有してもスワップポイントを受け取ることはできなくなりますが、マイナスのスワップポイントを支払う必要もなくなるのです。

 

たとえば、米ドル/円の通貨ペアで長期的には円高ドル安になるだろうと予測して、ドルを売って円を買ったとします。

 

アメリカの金利が日本の金利よりも高いとすると、実質的に毎日スワップポイントを支払わなくてはなりません。

でも、イスラム口座の場合はスワップフリーなのでその必要がないのです。

 

イスラム口座とスワップアービトラージ

この点に目をつけたトレーダーたちは、あるトレード手法を思いつきました。

イスラム口座を利用したスワップアービトラージです。

スワップアービトラージとは、同じ通貨ペアで同時に売りと買いの2つのポジションを保有(両建て)して、為替変動に影響されることなくスワップポイントで利益を獲得する手法です。
要するに、スワップポイント狙いの両建てです。

為替損益はどうなるか?

詳しくみていきましょう。

たとえば、先ほどの例と同様に、金利の高い米ドルを売って金利の安い日本円を買ったとします。

この場合、毎日スワップポイントを支払わなくてはいけません。

そこで、円を買うと同時に円を売る(両建てする)とどうなるでしょう?

 

ドル円のレートが1円値上がりすれば(ドルが強くなれば)、買いポジション(ドルを保有)では利益になります。

一方、同時にエントリーした売りポジション(円を保有)の方は、損失になります。

あっちが利益ならこっちが損失、こっちが利益ならあっちが損失という具合にトレードオフ的な状況になってしまいます。

ことばを変えると、どれだけ為替が変動しようと資金が増えたり減ったりしないのです。

 

上の例でいうと、円が値上がりしようが値下がりしようが、トータルでは常にプラスマイナスゼロです。

為替差益については結局、売り買い両方のスプレッド分だけきれいに損することになりますね。

 

スワップポイントはどうなるか?

では、スワップポインントについてみてみましょう。

売りポジションでは毎日支払いますし、買いポジションでは毎日受け取ります。

 

スワップポイントは、業者によって設定が異なります。

しかし、同じ業者が提示するスワップポイントは、受取額よりも支払額の方が高くなるのが通常です

ですので、基本的にはマイナスになってしまいます(プラスならみんな両建てしようと思いますよね!)。

 

結局、これでは使えません・・・。

そこで、どうしても両建てを利用してほぼノーリスクで金儲けしたいトレーダーは考えました。

イスラム口座って、たしかスワップポイントが発生しなかったよね?
ということは・・・今もっている通常の口座でスワップポイントがプラスになるポジションを保有して、それとは別にイスラム口座を開設してそこでマイナススワップのポジションを保有すれば、プラスのスワップポイントを受け取りつつも、マイナススワップは支払わなくていいってことになるぞ。
つまり、両建てすれば相場がどうなろうと為替損益はプラマイゼロだから、ノーリスクで毎日スワップポイント分だけ確実に利益が出るってことか(上目遣いでニヤニヤ→さっそく複利計算)・・・。

 

日本人でもイスラム口座を開設できる?

リスク許容度ゼロのトレーダーは、ここでふと思いました。

でも・・・イスラム口座って、日本人でもOKなの?

 

業者にもよりますので、一概には言えません。。。

 

ただ、今のところ日本のFX業者では開設できるところがないため、海外のFX業者を利用することになりますね。

イスラム口座のメリット・デメリット

メリット

メリットは、先ほど説明した通りでマイナススワップが発生しない点です。

つまり、スワップアービトラージなどの目的ではなく、為替差益ねらいのトレードでマイナススワップのポジションを長期保有したい場合、イスラム口座ではスワップの支払いをしなくてすむことになります。

 

あと、本当はこれが一番重要なのですが、イスラム教徒の方々が宗教的な戒律に背くことなくFXに参加できるという点です。

世界人口の4分の1弱といわれるイスラム教徒の間でFXトレーダー人口が増えればそれだけ為替市場もより活性化するでしょう。

 

デメリット(注意点)

仮に、スワップアービトラージをした場合のデメリット(注意点)ですが次のような点があげられます。

そもそも、通貨ペア間の金利差が変化すればスワップポイントも変わります。

金利の高低が逆転して、プラスのスワップポイントがいつしかマイナススワップなってしまうことだってありえます。

 

また、業者によってはスプレッドが広くなったり別途の手数料が発生するところもあります。

なぜかというと、マイナススワップの支払いは結局のところ業者が負担することになるからです。

 

最後にひとこと

FXはイスラム圏の人たちの間でも行われています。

世界人口の4分の1弱はイスラム教徒だというデータもあります(参照:米国のピューリサーチセンターの推計)。

 

イスラム口座は、イスラム教徒の方々のための口座です。

スワップフリーをいいことにスワップアービトラージをしようとするトレーダーのための口座ではありません。

その辺の趣旨を履き違えないようにしましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

⭐️ デイリーマーケット分析【XM公式サイト】⭐️
あわせて読みたい
✌️勝ち組になるための行動 >>【検証】
🎁 【キャッシュバック】でお得にトレード!