【トレードルール】100%真似るより自分でカスタマイズしよう

 

FXでは規律が大事、ってよくいわれますよね。

簡単にいうと「トレードルールを守ろう」という話です。

 

では、トレードルールってどこかに正式なかたちで書いてあるんでしょうか?

ありませんよね。

 

トレーダーそれぞれが独自のトレードルールをもっているものです。

今回は、そんなトレードルールについてお話ししたいと思います。

 

ルールを決めずにトレードするな

感覚的なトレードで勝てるほどFXは甘くない

初心者にありがちなのが(というか、私の失敗 ^^;)、チャートをみながらなんとな〜くエントリーして、なんとな〜く利益確定するというトレード(損切りに対する意識はほどんどなし)。

経験も何もないんで、まあ勝てませんよね。

 

もちろん、ビギナーズラックとかは発生したりするんですが、長くは続かないのがビギナーズラックの悲しいところ。

損切りの重要性を知らない(知ってても経験が浅いため実感がわかない)初心者は、いずれ大きく膨らんだ含み損に頭を抱えることになります。

 

理由は簡単。

感覚的にトレードしてるからですね。

基準となるトレードルールがない状態でエントリーしてるんですから、そりゃもう勝てませんよ。

 

損切りルールなくしてエントリーなし

FXをはじめたころはテクニカルな知識や技術はありませんから、その面では仕方ないです。

でも、資金管理なら初心者でもはじめからできます。

資金管理とは、リスクをコントロールすることですね。

 

初心者の方はまず、「どうなったら損切りするのか」について最低限ルールとして決めましょう。

エントリーするのはそれからです。

 

他人のルールを真似するだけじゃダメ

トレードスタイルに合ったルールを探そう

トレードルールが大事なのはわかったけど、じゃあ、具体的にどうやって決めるの?という質問が当然出ると思います。

初心者でいきなり自分のルールを確立できる人ってそんなにいないですからね。

 

具体的にいうと、はじめは他のトレーダーさんのルールを参考にさせてもらいましょう。

トレードルールなんてトレーダーの数だけ存在するようなものです。

書籍やネットでもいろんなトレードルールが紹介されています。

 

自分のトレードスタイル(スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードなのか、それより期間の長いスイングトレードなのか)に合わせて、よさげなものを選んでまずは試してみましょう。

 

他人のトレードルールはあくまで参考

ただ、他人のルールをそのまま真似するだけ、というよりも「参考にする」というマインドのほうがいいですよ。

 

トレードルールって自分に合う、合わないがありますし、一部分が合わないから全部を捨てるというやり方よりも「良い部分(合う部分)を取り入れて自分なりに応用する」というやり方のほうがより早く自分なりのトレードルールを確立しやすくなります。

 

そして、トレードルールは実際のトレードで検証していきましょう。

どこが問題なのか?

どこをどうすればよりよい成績が残せるか?

というように、検証を通して常に問題意識をもつことが大事。

 

他人のルールをそのまま真似ただけだと、ちょっとうまくいかないとすぐ「これは使えない」って感じで他のルールに目移りして、あっちにフラフラ、こっちにフラフラという状態になりかねません。

 

結局は自分で決めるしかない

でも、自分でしっかり検証した上で決めたトレードルールなら、そう簡単にはブレません。

自分なりの根拠があるルールですから。

 

自分がお金を払って受けるセミナーと無料のセミナー、同じ内容ならどっちをより真剣に受けますか?

気持ち的にはやっぱりお金を払っている方がより真剣になりますよね?

 

トレードルールも同じことだと思うんです。

他人のルールそのまま拝借するより、自分でいろいろ試行錯誤したルールの方がしっかり守ろうとう気持ちになるものです。

 

『ルールを守るにはルールを信じる』しかないんです。

自分が実際に経験し、検証し、納得して決めたトレードルールだからこそ信じることが可能になります。

 

【おまけ】2%ルールを参考にしてみよう

資金管理のルールで参考までに、『2%ルール』というものをご紹介したいと思います。

アレキサンダー・エルダーという人の書籍に書いてあるものです。

 

内容は簡単!

『1回のトレードでの損失は、資金の2%までにおさえよう』です。

 

資金が10万円なら、1回のトレードでは2000円までしか損失を出してはいけないってこと。

この場合、最悪でも2000円のマイナスで損切りしなさい、ということですね。

 

すごくシンプルな資金管理のルールですけど、有名なだけに採用(または応用)しているトレーダーもたくさんいるはず。

2%じゃ多いよ、っていう人は1%にしてみてもいいでしょう。

よかったら、参考にしてみてください。

 

以上、トレードルールは自分で決めよう、という話でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

⭐️ デイリーマーケット分析【XM公式サイト】⭐️
あわせて読みたい
✌️勝ち組になるための行動 >>【検証】
🎁 【キャッシュバック】でお得にトレード!