【円高ドル安・円安ドル高】どうちがうの?をわかりやすく説明!

「円高ドル安」とか「円安ドル高」とか、テレビやラジオなどで耳にしたことがあるかと思います。

 

為替に馴染みのない方にとっては、『ニュースでよく耳にするけど、いまいちよくわからない言葉ランキング』のトップ10にランクインしてそうな言葉ですね。

 

この記事では、円高ドル安・円安ドル高について「どっちがどうなのか?」をわかりやすくお話ししてみたいと思います。

【円高円安】円が高くてドルが安い、ってどういうこと?

身近な例で、両替のことを考えてみてください。

 

ハワイ旅行に行くとき、日本円と米ドルを交換しますよね?

これが外国為替取引です。

 

両替所(銀行など)で1000ドル分の両替をするとき、1000ドル分の日本円を渡して1000ドルを受け取ります。

 

では、「1000ドル分の日本円」っていったいどうやって決まるのでしょうか?

このとき「1ドル=何円」というドルの値段を表すのが為替レートです。

 

この為替レートが上がったり下がったりすることで、1ドルあたりの値段(1ドルを手に入れるのに日本円でいくら必要か?)が決まります。

 

1ドル=100円だとすると、手数料などをのぞいて考えると1000ドル両替するには10万円が必要になります。

100円 ×1000(ドル)=10万円

 

では、このあと1ドル=90円になったとします(10円下がりました)。

同じく1000ドル両替するには、手数料抜きでいくら必要でしょうか?

 

90円×1000なので、9万円ですね。

90円 ×1000(ドル)=9万円

 

うれしいことに、前回よりも1万円安く両替できました。

 

どういうことかというと、米ドルとの関係で1ドルあたり10円、日本円の価値が上がったことを意味するのです。

日本円の価値が上がったということは、表現を変えれば日本円が値上がりした(高くなった)ということです。

 

これが「円高」です。
円が強くなったことを意味します。

 

そして、10円の円高になったということは、日本円との関係で米ドルは逆に10円分値下がりした、つまり安くなったことを意味します(「1ドル=100円」が「1ドル=90円」に値下がりした)。

 

これが「ドル安」です。
ドルが弱くなったことを意味します。

 

両替(通貨の売買)は、「日本円と米ドル」というように二つの異なる通貨で成り立ちます。

一方が上がれば、その分他方は下がります

日本円が値上がりして、その分米ドルが値下がりした。

これが「円高ドル安」の意味です。

 

ちなみに、円高になることを「円が強くなる」とか「円が買われる」といったりします。

 

円が買われるということは円を欲しい人がたくさんいる(正確には、買われる円の量が増える)ことを意味します。

欲しい人がたくさんいて人気が出る(円がたくさん買われる)と、それだけ価値(値段)も上がります

 

「円高ドル安になる」とは、米ドルを売って日本円を買いたい人がたくさんいる(米ドルを売って円を買うという取引の量が、日本円を売って米ドルを買うという取引の量よりも多くなっている)ことを意味します。

 

参考までに、ざっくりとしたイメージはこんな感じになるかと思います。

円高 = 円の価値が上がった = 円が強い = ドルへの両替が有利

【円安ドル高】円が安くてドルが高いというのは?

今度は逆に、円安ドル高についてみてみましょう。

先ほどおはなしした円高ドル安の逆ですね。

 

ざっくり、下のような関係になります。

円安 = 円の価値が下がった = 円が弱い = ドルへの両替が不利

 

詳しくみていきましょう。

 

先ほどの例と同じように、手数料などをのぞいて考えます。

1ドル=100円のレートで1000ドル分両替するのに10万円支払ったとします。

100円 ×1000(ドル)=10万円

 

このあと1ドル=110円になったとします(ドルの値段が10円上がりました)。

同じく1000ドル分両替するには、11万円支払う必要があります。

110円 ×1000(ドル)=11万円

 

残念ながら、前回よりも1万円高くなりましたね。

米ドルとの関係で1ドルあたり10円、日本円の価値が下がったのです。

日本円の価値が下がったということは、日本円が値下がりした(安くなった)ということですね。

これが「円安」です。
円が弱くなってますね。

 

そして、10円の円安になったということは、日本円との関係で米ドルは逆に10円分値上がりした、つまり高くなったことを意味します(「1ドル=100円」が「1ドル=110円」に値上がりした)。

 

これが「ドル高」です。
ドルが強い状態。

 

これからハワイに行くので円をドルに両替したいと思っている人にとって円安ドル高は不利(望ましくない状況)になります。

 

なぜか?

そう、ドルの値段が上がって円の値段が下がった分だけ、交換できるドルが少なくなるからですね。

 

逆に、ハワイから帰ってきて余ったドルを円に交換したい人にとっては、円安ドル高になればなるほど有利(望ましい状況)になります。

 

もうおわかりですね。

そう、じぶんが持っているドルの価値が上がった分だけ安く円を買えるわけですので、その分多くの円と交換できることになるから。

まとめ

外国為替取引では、いま見てきた両替の例とおなじように二つの異なる通貨(通貨ペア)の強弱関係の変動で利益が出たり損失を被ったりします。
どちらか一方が上がれば他方がその分下がる、どちらか一方が下がれば他方がその分上がる、という<上下の綱引き>みたいなイメージです。

 

うまく説明できたかどうかわかりませんが、イメージだけでもつかめていただけたらうれしいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

⭐️ デイリーマーケット分析【XM公式サイト】⭐️
あわせて読みたい